※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンテナ

 

ADFの誤差

1)4分円誤差

  ADF特有の誤差で機体が円筒形をしているために、機首・機尾方向からの電波は強く、機軸と直行する電波は弱く感じる為、機軸に対し45°方向で誤差が最大になる。機体ではこの誤差を小さくなるようにアンテナ位置を工夫したり、QEC(Quad


 

BFO:Beat Frequency Oscullator

昔のNDB局は現在のように可聴周波数(1020Hz)でID TONEを発射せず、無線電信のように電波の有無でIDを表現していた。この受信信号にBFO(1000Hz)の信号を重ねると電波の有無に応じて1000Hzの音が聞こえ、IDを示すことになる。

 

VOICE/RANGE FILLTER

 航空援助施設は識別のため識別符号(IDENT)を発射している。IDの周波数はNDB/VOR/ILSは1020Hz、DMEは1350Hzである。
 RANGE FILLTERは1020Hzを中心とするBAND PASS FILLTERでID TONEを明瞭に聴取するために装備される。
 VOICE FILLTERは、1020Hzを中心とするBAND BLOCK FILLTERで、1020Hzを減衰させる。