※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

St elmoe's fire とは?


名前の由来

セントエルモの火 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: ナビゲーション, 検索

セントエルモの火セントエルモの火(セントエルモのひ、英語 St Elmo's fire)は、悪天候時に静電気などが尖った物体に発生させる、青白いコロナ放電による発光現象。

雷による強い電界が船のマストを発光させたり、飛行船に溜まった静電気でも起こることがある。放電によるシューという音を伴う場合がある。

1750年、ベンジャミン・フランクリンが、この現象と同じように雷の嵐の際に先のとがった鉄棒の先端が発光することを明らかにした。

セントエルモの火は、カエサルの『De Bello Africo』、大プリニウスの『博物誌』、メルヴィルの『白鯨』、ダーウィンのビーグル号での経験を書いた手紙、サミュエル・テイラー・コールリッジの『老水夫行(The Rime of the Ancient Mariner)』において言及されている。

セントエルモの火の名は、船乗りの守護聖人である聖エラスムス(聖エルモ、St. Erasmus of Formiae)に由来する。イタリアのセントエルモ教会(Cathedral of Assunta e Sant'Erasmo)でよく見られたためにこの名がついたというのは俗説である。

大プリニウスによれば、古代ギリシャでは、発光が一つの場合「ヘレネ」の魂、二つの場合「カストルとポリュデウケス(ポルックス)」の魂と見た。カストルとポリュデウケスはアルゴ船の神話により航海の守護神とあがめられていたため、二つ出現すると嵐が収まると信じられたという。 wiki引用 そこから、わが身を削り航海者達の安全を確保する理念から名付けた

何をするの?

【自国及び同盟国の航海者の安全を優先・確保し自国及び同盟国の発展に貢献する】

と難しい感じで述べましたが 簡単に言うと 敵勢私掠海賊から自国及び同盟国の航海者の航路を確保し安全に出航・入港して頂く♪と言う事をメインでしていければいいかと思います

参加条件は?

ありません!

職業不問・Lv不問です。 なぜなら、敵勢私掠海賊を撃沈するのが目的ではありませんから

ですから対人未経験や、まだ危険海域に出たこと無い方・海事職から転職して冒険を上げてるけどフレの安全は俺が!と言う方、交易に来たけど相場が悪い・・・・ などなど 決して戦列やロワしかPKK出来ない訳じゃありません 火力不足は頭で補う事をメインに活動したいです

勿論 強制参加などは一切ありません しかしお声を掛けさせて頂く事がありますので 参加して頂ける方は 参加表明BBSにて 参加の意を書き込み アピ※欄に【SE】と入れて頂ければ 声も掛けやすくなると思います 是非よろ




※この↓の広告は当HPと一切関係ありません♪そして消せもしない訳で不愉快に感じるかも知れませんが ご勘弁ください・・・RMTやツールは光栄の規約に反します決して使わないように・・・・てかなんとかなりませんか??↓