男性について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人間の男性がこの世の諸悪の根源です。
男性のプライド、自尊心、競争心、理屈、妬み、嫉み、ひがみ、女性蔑視、階級制度、現世主義が世界中を荒らしまわっています。
男性が政治主義、経済主義、拝金主義、法律主義、人権主義、軍国主義、民主主義、共産主義、福祉主義、宗教主義、文化主義、
教育主義、メディア主義、娯楽主義、恋愛至上主義をまき散らして世界中を混乱させています。

男性の目から見ると、地球が存在すること、時間と空間が存在すること、世間が存在すること、人間が存在することが
自明の理のように、当然であるかのように見えるのです。

そして人間関係でギクシャクしようがそれは当然であり、それを乗り越えることが男らしさであるとも思っています。

また男性は本当の女性の良さを理解することが難しいです。
男性にとって重要なのは、知性、名誉、お金です。
男性からすると、女性はそれら全てが男性に劣っているように見えるのです。

最近の社会では女性も男性化しています。
世に言うキャリアウーマンがそれです。