第1話 二人の精霊


――マイン島・夜――

[???]
ふぉっふぉっふぉ…
この秘宝があれば…


――マイン島・昼――

[マイン]
勇者さま、今日はぽかぽかしてて
良いお天気ですねー

[マイン]
たまにはこうしてのんびりと
過ごす日もいいかも
しれませんね

[ケットシー]
マインちゃーん!勇者さまー!
助けてー!

[マイン]
ケットシーさん!
どうしたんですか、そんな慌てて

[ケットシー]
あのね…!あの、私は違くて!
でも、クーちゃんが
お前だって言ってて!!

[マイン]
お、落ち着いてください!

[マイン]
あ、勇者さまはこちらの方は
初めてでしたね

[マイン]
彼女はケットシーさん
キャトール族を見守る
精霊さんなんです

[ケットシー]
初めまして、勇者さま
……って、それよりも!
あの、助けてください!

[クーシー]
見つけたぞ、ケットシー!

[マイン]
クーシーさん!

[マイン]
勇者さま、あの方はクーシーさん
と言ってワンドック族を見守る
精霊さんで…

[クーシー]
こんなところまで逃げて…!
さあ、こっちに来て、
盗んだものを返すんだ!

[ケットシー]
だからそれは誤解で…
ま、マインちゃん、勇者さまー!
助けてくださーい!

[マイン]
は、はい!
勇者さま、お二人を追いかけましょう!


第2話へ続く