※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第5話 占い師カンテ


――カンテの館――

[カンテ]
……
…ダメね
何度やっても、
マイン島の未来が視えないわ

[カンテ]
一体、マイン島に何が
起きているというの…?

[マイン]
カンテさん、こんにちは!

[カンテ]
あらマインちゃん、
勇者様とケットシーちゃんも
こんにちは、何だか賑やかね

[ケットシー]
こんにちは~

[マイン]
実は折り入ってカンテさんに
占って欲しいことがあってですね

[カンテ]
マインちゃんが?珍しいわね
いいわよ、勇者様の気になる人を
占えばいいのかしら?

[マイン]
ち、違いますよ!

[カンテ]
ふふ、冗談よ
それで、
何を占って欲しいのかしら?

[ケットシー]
実は――

[カンテ]
……なるほどね
つまり、なくなった二つの秘宝の
場所を占えばいいのね?

[マイン]
カンテさん、お願いできますか?

[カンテ]
お安い御用よ
ちょっと待ってね…

[カンテ]
……。………

[マイン]
……。………

[ケットシー]
……。………ふわぁ

[カンテ]
……。……視えたわ

[ケットシー]
…zzz

[マイン]
ほ、本当ですか!?
それで秘宝はどこに…?

[カンテ]
ダンジョンの奥深く…
そこに二つの秘宝はあるわ

[マイン]
ダンジョンに…?
どうしてそんなところに秘宝が…

[マイン]
気になりますが、
早速ダンジョンに向かいましょう!

[マイン]
ありがとうございます、
カンテさん!

[カンテ]
どういたしまして
気をつけてね

[マイン]
はい!
勇者さま、ケットシーさん
行きましょう!

[ケットシー]
……zzz
……はっ
ま、待ってくださーい!
マインちゃん、勇者様ー!


第6話へ続く