※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第4話 事件が私を呼んでいる


――酒場――

[マイン]
……それで、ティエンさんは
どうしてマイン島に?

[ティエン]
最近、この島から不吉な瘴気が
私の国に漂ってくるのよ

[マイン]
マイン島の外にまで瘴気が
広がっているのですか!?

[ティエン]
あなたが気付かないのは無理もないわ
私の鼻は特別だから

[ティエン]
……私の国に瘴気なんて
長年統治してて初めてだし

[マイン]
長年……?ティエンさんって、
おいくつなんですか……?

[ティエン]
あら、女に歳を聞くもんじゃないわよ
あなただって、神官として
ずっとこの島にいるそうじゃない?

[マイン]
そ、それはそうですけど……

[ティエン]
……瘴気はあのダンジョンから
してたわね
もしかしたら、あの先に
何かあるのかもしれないわ

[マイン]
はい。それは私も感じました

[マイン]
勇者さま、瘴気の原因を
探りに行ってみませんか?
アベニールさんの助言も
ありましたし

[???]
ちょーっと待ったぁ!

[マイン]
はい?

[シャルロット]
事件と謎が私を呼ぶ……

[マジョリー]
め、名推理で……
ぱ、ぱぱっと解決…

[シャルロット]
名探偵シャルロット登場!

[マジョリー]
…と、その助手マジョリーです…

[マイン]
……えーっと

[ティエン]
……若いっていいわね

[シャルロット]
話は聞かせてもらった!
謎の瘴気!私好みの超展開だな!
よし、私達も連れてけ!

[マイン]
ダメです

[シャルロット]
え……?

[マイン]
さ、勇者さま、ティエンさん
ダンジョンに向かいましょう
早く瘴気の原因を
突き止めないと!

[シャルロット]
いや、あの……私達は……

[マイン]
危ないからお留守番です!

[シャルロット]
そ、そんなあ……!

[マジョリー]
……まあ、そうだよね……


第5話へ続く