※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第5話 罪人チェルノボグ


――マイン島――

[シャルロット]
……あーあ
せっかくの事件だったのに

[マジョリー]
仕方ないよシャル
さっき行ったダンジョンでも
十分危なかったじゃない

[シャルロット]
それは分かってるけど……あれ?

[チェルノボグ]
……先ほど、勇者と神官が
ダンジョンに向かいました

[チェルノボグ]
じゃがご心配は要りませぬぞ
あなた様に繋がる場所には
結界を張っておりますゆえ……

[シャルロット]
ねえねえマジョリー
あれってチェルノボグじゃない?

[マジョリー]
え?
わわ!本当だ、チェルノボグだ!

[マジョリー]
魔族の王を復活させた罪で
追われてる人じゃ……
ってシャル!?

[チェルノボグ]
……はい。それでは計画通りに

[チェルノボグ]
……ふぉ?

[シャルロット]
ねえ、あんた。今何してたの?

[チェルノボグ]
お前には関係のないことじゃ

[マジョリー]
ちょ、ちょっとシャル……っ!

[シャルロット]
実は私も魔族信者なのよ
だからあんたと同志ってわけ

[チェルノボグ]
……ふぉう。お主も……

[シャルロット]
最近ダンジョンの瘴気が
強くなってるでしょ?
そのことについて
あんたと話がしたくてね

[チェルノボグ]
ふぉふぉ
瘴気に気付いておったか
お主らには素質がある

[シャルロット]
素質があるなら瘴気が強くなった
原因を教えてくれる?

[チェルノボグ]
……よかろう
ダンジョンまで付いてくるのじゃ

[チェルノボグ]
同志ならば見せよう……
魔界の真髄をのう

[シャルロット]
へへ、やったね!

[マジョリー]
……ねえ、シャル
この人……

[シャルロット]
……うん。チョロいね

[チェルノボグ]
ふぉっふぉっふぉ!


第6話へ続く