※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第7話 おばさんって言うな


――ダンジョン――

[マイン]
……勇者さま
この辺りから瘴気を感じます
でも……

[ティエン]
何もないわね

[シャルロット]
……ねえ、いつまで
進めばいいのー?

[チェルノボグ]
ふぉっふぉ。もうすぐじゃよ
ほら、あそこの壁から……

[チェルノボグ]
ふぉ!?

[マイン]
あなたはチェルノボグ!
どうしてここに!

[マジョリー]
あ、マインちゃんと勇者様だ!

[チェルノボグ]
ふぉふぉ……
勇者達め、もうここに来ていたか
なかなかやりおるの

[チェルノボグ]
同志には悪いが、ワシは
あの方にご報告に行かねば……

[マイン]
あ、待ちなさいチェルノボグ!

[チェルノボグ]
無駄じゃ、
お主らには追いつけまい!
……ふぉっふぉ


[ティエン]
……壁の奥に消えて行ったわね

[マイン]
どうやらこの壁に
結界が張られているようですね

[マイン]
それはそうと、お二人とも、
ダンジョンは危ないと
言ったじゃないですか!
しかもチェルノボグと
一緒に来るなんて!

[マジョリー]
ご、ごめんなさーい……

[ティエン]
まあまあ
来ちゃったものは仕方ないわよ

[シャルロット]
そうそう、
おばさんの言うとおり!
流石、歳食ってるだけあって
器が大きいね!

[ティエン]
……おば……?

[シャルロット]
ん?どうしたの、おばさん?

[ティエン]
――だ……

[ティエン]
――だ、誰が!
おばさんだぁああああああ!!!


がっしゃぁぁぁぁぁん!!!!!


[シャルロット]
うわわわわわ……

[マイン]
結界ごと壁を
壊しちゃいましたね……

[マイン]
ゆ、勇者さま!見てください、
壁の奥に通路がありますよ!
この先から強い瘴気を感じます…

[シャルロット]
私、一番乗り!

[マジョリー]
ま、待ってよシャルー!

[マイン]
お二人とも待ってくださーい!
私達も行きましょう、
勇者さま、ティエンさん!

[ティエン]
フーッ!フーッ!


第8話へ続く