第8話 魔王バアル


――ダンジョン最深部――

[マイン]
……勇者さま
ここがダンジョンの
最深部みたいです

[ティエン]
ここから瘴気が
発生しているようね

[マイン]
ダンジョンの奥に
こんな場所があったなんて……

[チェルノボグ]
……ふぉっふぉ
まさかワシの結界が
破られるとはのう

[マイン]
チェルノボグ!
もう逃げられませんよ!
この瘴気の原因は――

[シャルロット]
――真犯人は、お前だ!

[マイン]
……

[シャルロット]
一度言ってみたかったのよねー、
このセリフ!
どうマジョリー、
決まったでしょ!?

[マジョリー]
シャル……空気読もうよ…

[チェルノボグ]
……お主らには魔の深淵が
見えぬのか
地上は魔界と繋がるべきなのじゃ

[マイン]
いいえ、そんなことは
勇者さまがさせません!

[???]
……勇ましいな、小娘よ……

[ティエン]
……っ!?
何……この大きな魔力は?

[マイン]
この魔力……まさか……

[バアル]
――我が名はバアル
地上の魔族を統治せし王

[マジョリー]
うわわ……!
あれが、魔王……!?

[シャルロット]
(……
……あの椅子もいいな……)

[マイン]
バアル……
想定外でした……
まさか魔王がここにいるなんて

[マイン]
ゆ、勇者さま……!
戦うつもりですか?

[バアル]
勇者……封印術の使い手か

[バアル]
ふ、ふはは!小さい、小さいな!
我らに対抗する力が、
神官の小娘と勇者だけとは……!
小さすぎる力だ!

[ティエン]
勇者だけじゃないわよ!
私達もいることもお忘れなく

[チェルノボグ]
……魔王様。
大事の前に小事をかまう必要は
ありませぬ

[チェルノボグ]
お主らはワシが相手をしよう
――出でよ、我が配下の魔の物よ!

[モンスター]
……オオオ

[マイン]
……勇者さま!
バアルは何かをしようと
しています!
早く追いかけましょう!


第9話へ続く