※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1話 ノーネの正体


――マイン島・夜――

[ノーネ]  ※闇
ばいばーい、マイン島……

[マイン]
勇者さま!逃げ―――

[???]
そうはさせません!

[ノーネ]
あなたは……

[アルテミス]
どうやら無事のようですね?

[マイン]
アルテミスさん!
どうしてここに?

[アルテミス]
怪しい魔力の正体を
追っていたらここに……

[アルテミス]
やはりあなたでしたか、
ノーネ……

[ノーネ]
ふふ……

[マイン]
アルテミスさんは
ノーネさんのことを
知っているのですか!?

[アルテミス]
彼女は長年の間、行方知れず
だった私の同胞――

[アルテミス]
天使族の戦士です

[マイン]
ノーネさんが天使……?

[マイン]
でも、今のお姿は?

[ノーネ]
ふふ

[ノーネ]
私はこの島に終焉を
もたらすために、
魔王様に遣わされたの

[ノーネ]
天使なんか知らないわ……

[アルテミス]
……どうやら何者かに
操られているようですね

[アルテミス]
あなた達はお逃げなさい
ここは私が!

[マイン]
ゆ、勇者さま……
どうしましょう?

[アルテミス]
勇者?そうか、あなたが……

[アルテミス]
勇者の封印術を使えば、
彼女を元に戻せるかもしれません

[マイン]
でもどうやって……?

[アルテミス]
彼女の持つ大剣から
禍々しい魔力を感じます

[アルテミス]
あの大剣に封印術を
使えば、あるいは……

[マイン]
勇者さま、
お願いできますか?

[ノーネ]
長い話は嫌いなの

[ノーネ]
そろそろ消えてくれる?

[アルテミス]
私が援護します
――今です!

[ノーネ]
……っ!? 何を……!?

[ノーネ]
き、きゃあああああ!?


第2話へ続く