※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2話 魔神の復活


――マイン島・夜――

[マイン]
ノーネさん!?
大丈夫ですか!?

[ノーネ]  ※闇
……この仮初のカラダでは
今が限界か

[ノーネ]
また新たな器を探すとしよう……

[アルテミス]
大剣から禍々しい魔力が
消えた……?

[ノーネ]  ※光
……わ、私はいった、い……

[マイン]
ノーネさん、気を失って
しまいました……

[マイン]
とりあえず落ち着ける場所に
移動しましょう

[アルテミス]
私はノーネのことを報告しに
行かねばなりませんので

[アルテミス]
彼女をよろしく頼みます

[マイン]
はい。分かりました


――酒場――

[ノーネ]
……私を元に戻してくれて
ありがとう
勇者様、マインちゃん

[マイン]
一体、ノーネさんの身に
何があったんですか?

[ノーネ]
遠い昔、私はバアルに挑み、
そして敗れました

[ノーネ]
そのときにバアルの洗脳を受けた
のですが、私の残りの力で
抵抗した結果、
記憶もなくしてしまった
みたいです

[マイン]
そうだったんですか

[マイン]
でも無事に元に戻って
よかったですね!

[ノーネ]
はい

[ノーネ]
でも私はバアルを止められなかった

[ノーネ]
バアルは地上に封印された
魔神を復活させようと
しているんです

[マイン]
魔神……!?

[マイン]
それは本当ですか、ノーネさん

[ノーネ]
はい

[ノーネ]
バアルは元々魔神の眷属です

[ノーネ]
坑道戦争を引き起こした
元凶である魔神の復活は、
彼の宿願でもあるんです

[マイン]
どうしましょう、勇者さま

[マイン]
魔神が復活すれば、
再び魔族との戦争が
起きてしまいます!


第3話へ続く