第3話 見た目が重要


――酒場――

[マイン]
ノーネさん、何とか魔神の復活を
阻止する方法はありませんか?

[ノーネ]
洗脳されていた時の記憶が
正しければ

[ノーネ]
魔神はマイン島の各地になる
3つの『魔石』によって
封印されているようです

[マイン]
3つの『魔石』……?

[マイン]
あ、もしかして勇者さま
以前にバアルのいた場所に
あった石がそれでしょうか?

[ノーネ]
おそらくはそれですね

[ノーネ]
残りの2つは深海の洞窟と、
島の裏側にある神々の森に
あるそうです

[ノーネ]
もしかしたら、すでにバアルは
手下の魔族を向かわせて
いるかも……

[マイン]
大変です、勇者さま!

[マイン]
一刻も早く、
私達も向かいましょう!

[ノーネ]
それなら手分けして
向かいましょう

[ノーネ]
勇者様達は、
深海の洞窟の方を
お願いします

[ノーネ]
ダンジョンの地下深くから
行けるはずなので

[マイン]
分かりました!

[ノーネ]
それでは私はお先に……
よいっしょ

[マイン]
……ずっと気になって
いたのですが

[マイン]
ノーネさんにその剣は
大きすぎじゃないですか?

[ノーネ]
あ、これはあまり武器として
使わないのでいいんです

[マイン]
では、なぜそんな
大きな剣を……?

[ノーネ]
カッコイイからです!

[マイン]
……

[ノーネ]
私、アルテミスさんみたいに
凛々しくないから、
大きな剣を持てば少しは
戦士っぽく見えるかなって

[マイン]
そ、そうですか……

[ノーネ]
では、私は行きますね

[ノーネ]
お二人とも気をつけて!

[マイン]
……

[マイン]
……行きましょうか、勇者さま


――ダンジョン――

[リリア]
……この先が深海の洞窟のようだ

[リリア]
皆、気をつけて行こう!

[マドレーヌ]
は、はい!


第4話へ続く