第9話 魔王の真の狙い


――神々の森・遺跡――

[ノーネ]
勇者様
どうぞ、これからも
頼ってくださいね

[マイン]
やっぱり勇者さまと
ノーネさんはお強いですね!

[ヴィクトール]
わ、私の可愛いしもべ達が……

[ヴィクトール]
可愛いのに、
これが可愛いのにぃ

[ノーネ]
マインちゃん、勇者様
ここに『魔石』がありますよ

[マイン]
これが最後の『魔石』ですね
勇者さま、お願いできますか?

[マイン]
……ありがとうございます!

[マイン]
これで魔神の復活も
阻止できましたね!

[ノーネ]
……? ま、マインちゃん!
『魔石』の近くにある、
この扉って……

[マイン]
これは……魔界へ繋がる扉ですね

[マイン]
こんな場所にあったんですね

[???]
……ふ、ふはは
まさかここまで来るとはな……

[ノーネ]
……っ!?
マインちゃん、勇者様!
後ろを見てください!

[バアル]
小さき力よ、久しいな

[マイン]
バアル!

[マイン]
まさか魔神を
復活させるために……?

[マイン]
でもあなたの企みは
全て勇者さま達が阻止しました!

[バアル]
ふははっ!いいや、我が計画通りだ

[バアル]
……これで全ての『魔石』に
魔力を集めることに成功した!

[ノーネ]
ど、どういうことですか!?

[バアル]
『魔石』には確かに
我が主が封印されている

[バアル]
しかし、その封印を解き放つ
ためには膨大な魔力が
必要だった……

[バアル]
かつて我は、チェルノボグに命じ
精霊共の守る秘宝で
魔力を集めさせたが、
それも失敗に終わった……

[マイン]
ケットシーさん達の秘宝を
盗んだのは、そのためだった
んですか!

[バアル]
浅はかな考えだった
しかし、我は妙案を思いついた

[バアル]
我らが魔力を集めるのではない、
貴様らに集めてもらおうとな……

[マイン]
ま、まさか……
『魔石』のそばに
魔族がいたのは……

[バアル]
ふははっ!

[バアル]
そう、貴様らと我が配下との
戦いによって生じた魔力を、
『魔石』に注ぎ込むことに
成功したのだ!

[マイン]
ゆ、勇者さま……
どうしましょう

[バアル]
これで我が主―――
魔神タナトスが復活する!

[バアル]
さあ、今こそ魔界への扉を
開こうぞ!

[???]
――魔界の扉は開かせません!

[マイン]
……え?

[アベニール]
助けに来たよ!
マインちゃん、勇者様!

[マイン]
アベニールさん!?