第2話 次元の管理者


――マイン島――

[オラクル]
……ここなら安全ね

[マイン]
アベニールさん、
この方は一体?

[アベニール]
彼女はオラクルさん

[アベニール]
色んな世界の管理を
している人だよ

[アベニール]
……神様とは、
少し違うみたいだけど

[オラクル]
魔神の復活は、
次元の歪みを起こしかねない

[オラクル]
だから私とこの子で
復活を阻止しに来たのよ

[マイン]
そ、そうだったんですか……

[ノーネ]
それで、バアルと
魔界の扉はどうなったのですか?

[オラクル]
今は異次元に閉じ込めているわ

[オラクル]
でもこのままだと
すぐに出てきてしまう

[オラクル]
……早く他の『私』を
見つけないと

[マイン]
他の『私』?

[マイン]
そういえば、
バアルの攻撃を受けた時、
何かが出てきましたね

[オラクル]
私の中には5つの人格が
存在しているの

[オラクル]
でも今は主人格である
『純粋』の私しかいないわ

[オラクル]
これでは力の半分も出せない

[マイン]
大変じゃないですか!

[マイン]
早く他のオラクルさんを
探しに行かないと!

[マイン]
私達にできることは
ありますか?

[オラクル]
おそらく他の『私』は
別の世界にいるはず

[オラクル]
それを探すのを手伝ってくれる?

[マイン]
もちろんです!

[マイン]
ね、勇者さま!

[ノーネ]
私はバアルが異次元から
出てきてしまった時の
ために、ここに残ります

[マイン]
ノーネさん、お願いします

[オラクル]
それじゃあこの
砂時計の近くに集まって

[オラクル]
時空転移するから

[マイン]
は、はい

[パスコロ]
あれー?
どこに逃げちゃったのかな?

[パスコロ]
……あ、マインちゃんと勇者様だ

[パスコロ]
柵から逃げた私の動物達、
見かけたか聞いてみよう

[オラクル]
あなた達、準備はいい?

[パスコロ]
ねえ、マインちゃん
この辺りで動物を見なか――

[オラクル]
――時に、導かれよ

[パスコロ]
へ?
うわーっ!?


第3話へ続く