第3話 別人格を求めて


――ダンジョン(別世界)――

[マイン]
勇者さま
どうやら別の世界に
来たみたいですね

[マイン]
何だか私達のいた世界より
空気が重い気がします

[オラクル]
気をつけて

[オラクル]
自分達と異なる世界に来ると、
次元の歪みを受けて
性格や見た目が変わってしまう
場合があるから

[マイン]
ええっ!?
大丈夫なんですか?

[アベニール]
私は特殊な道具を
使っているから
大丈夫だけど、
マインちゃんと勇者様は
オラクルさんから離れない方が
いいかも

[マイン]
そ、そうします
気をつけましょう勇者さま

[オラクル]
この辺りには『私』
はいないようね

[オラクル]
移動するわ


[パスコロ]
――あ、あれ?
ここはどこなんだろ?

[パスコロ]
……う、
何だか身体が
重い―――

[パスコロ]  ※火
……いえーい!
炎と言えば私!

[パスコロ]
私と言えば、
ファイヤーッ!?

[パスコロ]
この熱い思い、
誰か受け止めてー!


――ダンジョン(別世界・火)――

[オラクル]  ※火
……綺麗な炎

[マイン]
……あ!いましたよ、
勇者さま!

[オラクル]
探したわ
『熱血』の『私』

[オラクル]
さあ、私の中に戻って

[オラクル]  ※火
……いや
この綺麗な炎を
もう少し見ていたい

[オラクル]
時間がないの
さっさと戻って

[オラクル]  ※火
……仕方ないわね

[マイン]
今のが『熱血』の
オラクルさんですか?

[オラクル]
そうよ

[オラクル]
中々の熱血ぶり
だったでしょ?

[マイン]
(……ほとんど違いが
分かりません)

[パスコロ]  ※火
見つけた!

[パスコロ]
マインちゃん、
この思い受け止め――

[オラクル]
次の世界に移動するわ

[オラクル]
――時に導かれよ

[パスコロ]
な、何?
ふぁ、ふぁいやーっ!?


第4話へ続く