※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2話 終幕の魔神


――神々の森・遺跡――

[マイン]
あなたからは、
以前のノーネさんの剣から
出ていた怪しい魔力を感じます!

[シャオファ]
……ほう
流石は神の使い、というわけか

[バアル]
この魔力……
もしや……っ!

[シャオファ]
……もはや、この肉体に
要はない

[???]
……ふ、ふふ

[アベニール]
え、え?

[オラクル]
……なんてこと

[タナトス]
――我は魔神タナトス

[タナトス]
魔界と地上を統べる者

[マイン]
ゆ、勇者さま!
すごい魔力です!

[バアル]
お、おおっ!我が主が!

[ノーネ]
そ、そんな……

[ノーネ]
封印が解かれるなんて……

[タナトス]
封印されていたのは
我の肉体のみだ

[タナトス]
……我が魂は
万物を依り代とすることで、
今に至るまで
生きながらえてきたのだ

[ノーネ]
……っ

[タナトス]
――幾星霜を経て、
我は再びこの地上に復活した!

[タナトス]
さあ、魔界の扉を開こうぞ!

[ノーネ]
そうはさせません!

[マイン]
ノーネさん!

[バアル]
天使族の小娘が!
目障りだ!

[ノーネ]
きゃっ!

[マイン]
ノーネさん、大丈夫ですか!?

[オラクル]
私が再び扉を
異次元に閉じ込めます

[オラクル]
――時の裁きを与える

[アベニール]
マインちゃん、勇者様!
魔界の扉が消えたよ!

[バアル]
貴様ら……っ!

[オラクル]
たとえ魔神でも、
全快した私の力で封じ込めた扉を
開けることは難しいはずよ

[マイン]
オラクルさん、すごいです!

[タナトス]
……ふふ


第3話へ続く