※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第6話 伝説の勇者


――エルフの森(最深部)――

[マイン]
勇者さま
ここがエルフの森の
最深部のようですね

[ハピノス]
この地には、坑道戦争で
無類の強さを誇ったとされる、
伝説の『勇者』の魂が眠っている

[ハピノス]
その魂を守るのが私の役目だ

[マイン]
伝説の『勇者』の魂……?

[ハピノス]
……これが『勇者』の魂だ

[マイン]
これは魔像、ですね

[マイン]
勇者さま、
封印術を使っていただけますか?

[マイン]
……ありがとうございます!

[マイン]
今、解放された魂を
私がここに召喚します

[マイン]
――宵闇を照らす光となれ!

[ロゼッタ]
……こ、ここは……

[ハピノス]
無事に召喚できたようだな

[ハピノス]
私はエルフの皆に、
魔族の侵攻に備えるよう
伝えに行くとしよう

[マイン]
分かりました

[マイン]
えっと、
まずここはエルフの森
そして私達は――


――神々の森・遺跡――

[アベニール]
……マインちゃん達、
大丈夫かなあ

[オラクル]
今は彼女達を
信じるしかないわ

[オラクル]
あの子にも勇者達を
手伝うように言ったから、
きっとだいじょ……

[???]
きゃはっ!なにココ~?
ふっしぎー

[アベニール]
だ、誰か来ます!

[オラクル]
魔族かもしれないわ
気をつけて


――エルフの森(最深部)――

[マイン]
――というわけなんです

[ロゼッタ]
……そうですか

[ロゼッタ]
あの魔族との戦いから、
そんなに長い時が
経っていたなんて……

[ロゼッタ]
あ、私はロゼッタ
神々から封印の術を
与えられた戦士――

[ロゼッタ]
あなた達の言う、
『勇者』の一人です

[マイン]
ということは、
こちらの勇者さま
ロゼッタさんの子孫、
ということになるのですか?

[ロゼッタ]
わ、私は子供を作っていません!

[ロゼッタ]
勇者はもう一人いましたから、
おそらくは……

[マイン]
その方が勇者さまの
先祖なのですね

[ロゼッタ]
……それにしても、
まさか魔神が
復活してしまったなんて

[マイン]
今も島中で魔族との戦いが
起きているようです

[ロゼッタ]
それはいけない!
早く魔神を封印しに行かないと!

[マイン]
え、ちょっとロゼッタさん!
どこに行くんですか!?

[マイン]
ま、待ってくださーい!


第7話へ続く