第8話 次元の狭間へ


――マイン島・とある探偵事務所――

[シャルロット]
あーあ
せっかく面白そうなことが
起きてるのに……

[マジョリー]
魔族があちこちで
暴れてるんだから、
私達は大人しくしてた方がいいよ

[シャルロット]
つまんないのー
……あれ?

[マジョリー]
どうしたの、シャル?

[シャルロット]
いや、私の布団で誰か寝てる……

[メキュラ]
……だぁれ?
私を起こすのは……?

[マジョリー]
し。シャル!
この人、魔族だよ!

[シャルロット]
おおっ!?
ついに私も戦って踊る探偵に
なるのか!

[シャルロット]
なっちゃうのか!

[マジョリー]
踊る必要はないと思うよ……

[メキュラ]
……むにゃ
私は戦いより……
寝るのが好き……

[シャルロット]
……え?
私と戦わないのか?

[メキュラ]
……めんどうくさい
むにゃ……ZZZ

[マジョリー]
……寝ちゃったね

[シャルロット]
……寝ちゃったな

[シャルロット]
――って、
なんで私の布団で寝るんだーっ!


――エルフの森(入り口)――

[マイン]
ま、待ってください
ロゼッタさん!

[マイン]
どこに行くんですか!?

[ロゼッタ]
どこって、もちろん――

[ロゼッタ]
……私はどこに行くの?

[マイン]
わ、私に聞かれても……

[マイン]
魔神タナトスは
『狭間の世界』にいるそうです

[マイン]
でも、私達に
その場所に行く術が
ありません……

[ロゼッタ]
そこは……ほら、
私の勇者パワーで!

[マイン]
出来るんですか!?

[ロゼッタ]
出来ません!

[マイン]

[レイヤ]
……ターゲット確認

[マイン]
あ、あなたは?

[レイヤ]
私はレイヤ

[レイヤ]
オラクル様から、あなた達を
『狭間の世界』に連れて行く
任務を受けました

[マイン]
オラクルさんから……?

[レイヤ]
私の力であなた達を
魔神の元へ届けます

[マイン]
あ、ありがとうございます!

[マイン]
勇者さま、ロゼッタさん
準備は大丈夫ですか?

[ロゼッタ]
あなたとなら
世界だって変えられる!

[ロゼッタ]
さあ、行きましょう!

[レイヤ]
……この者達を、
次元の狭間へ誘え――


第9話へ続く