資料室②


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • FF7絵コンテ版エンディング
◆本編エンディング
クラウド「分かったような気がする」
「星からの答え‥‥約束の地‥‥そこで‥‥会えると思うんだ」
ティファ「うん、会いに行こう」

 参考・■ RPGAMER・坂口博信氏FF7のラストシーンについて語る
ttp://blog.livedoor.jp/stay_silver/archives/50265250.html

「北の大空洞からパーティーが脱出したあと、マリンは窓を開け、"お花のお姉ちゃん"についてたずねます。
まさに、ミッドガルがメテオに滅ぼされんとしている時にです。
まるで、エアリスに助けを求めようとしているかのようです。
エアリスは、単なるキャラクターではありません。命の象徴なのです。」

「ホーリーは、メテオを駆逐するためにミッドガルを破壊しようとします。なぜならセフィロスが倒された後、
ミッドガルは星の一番大きな脅威となるからです。ブーゲンハーゲンが、
以前言ったようにホーリーは星にとって最善であることをするのです。
人間と人間のつくりだしたものの宿命は星全体の宿命や命の宿命と比べて重要ではないのです。
ホーリーは死の場所ですら命を保つことができるのです。」

「人類はホーリーで救われたのでしょうか?この質問は単独で様々な論議でうめつくされるでしょう。
人類が生き延びたという物的証拠はありませんが、無邪気な子供たちの笑い声は人類が忘れられてはいない、
ということを明らかにしてますね。ミッドガルの在りし日の最後のイメージ、
ついに自然により破壊された最後の一番大きな人類のとりでの崩壊はどんな説明よりもそのことを語っています。」

「そして、キャラクターたちはどうなったのでしょう?言ってしまえば、たいした問題ではないのです。
それはゲームの中身を通じての彼らの成長ではあり、重要ですが。
ファイナルファンタジー7の主なストーリーは星の闘いなのです。
それぞれのキャラクターに焦点をあわせることは、最も重要なテーマから注意をそらすことになったでしょう。
星より大切なものはない。命より大切なものはないのです。」


◆絵コンテ版エンディング
クラウド「ライフストリーム……エアリス?」

ティファ「クラウド!」
クラウド「帰るぞティファ」
ティファ「え?」
クラウド「俺達も帰ってからやることがあった」
クラウド「まだ……あの山の向こうを見てない…」
ティファ「うん…帰ろう」

クラウド「そうだ、みんなは?」
仲間達「おーーい!」
ティファ「良かった!みんな無事みたい!」
バレット「どうやら向こうも無事らしいな…」
シド「…さて…これからどうしたもんか…」

「上に戻る手段がない…」
「もうじきにホーリーが発動するだろう そしたらここもブッ飛ぶぜ……」
シド「あ〜あ…運命の女神さんよぉ、何とかなんねェのかよ〜」

皆「うわぁ…」
シド「ちくしょー!!」

このエンディング絵コンテには『エンディングの前半、ハイウインドから脱出艇を分離するシーンまでの絵コンテ。一部のセリフが実際に異なる。
とくに、※8の場面でのセリフには大幅な変更があった。』という説明書きがあった

※8は「帰るぞティファ〜うん…帰ろう」までのセリフが書かれたコマの数字
FF25thメモリアルアルティマニア P108〜109から