※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「回路」



 大学の講義で黒澤清さんの紹介があったので、折角だしと思ってレンタルしてみました。
ジャンル :ホラー
主演:井上晴彦。小雪、役所さん等役者は非常に豪華。
ストーリー :・開かずの扉を開けては駄目。赤いテープで扉の線上を引いてある扉を開けてはいけない。開けるとね…
  • この世の人は死ぬとどこか、死者の国に行くんだ。ずっと昔から、死ぬと皆そこに行っているんだ。でも、あんまり多すぎたら、いつかその許容量を越すよね。越したらどうなるか…?
  • 人って結局孤独なんだよ。必死に繋がろうとしても、意味なんかない。死んでも今と同じだったらどうしたらいいの?

 とまぁこんな感じの話なんですが。
 感想。率直に言って、あんまり面白くなかったです。すみません。
 序盤はすごく雰囲気があって、怖くてぞくぞくする。女性の「霊」が表れるシーンは本当にすごい。叫びたくなった。ゆっくり近付いてくる途中であの…動作は…素晴らしかった。
 でもそこが頂点で、あとは淡々と進んで行きました。
 少なくともこの映画はホラーじゃない。恐怖を期待して見るものじゃないです。ストーリーを深読みして楽しむ類です。
 私はホラーを期待していたので、少しがっかりしてしまいました。
 深読みしたい方はどうぞ。

総評価点 :40点