天空一代記・第一編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


こっくん(フェラ、dodoonP)
東亜+のコテ(黒雲)であったことからもわかるように、気に入らないことに関しては徹底的にdisる。キーワードは「アイマス愛」。
自分の意見をIRCの総意(笑)によくすりかえるが、実際はIRC内で声がデカイだけであり、小島にもつっこまれている。IRC以外にもはてな村、ボカロぎろかく、合奏など、コミュニティへの依存心が高い。
オフ会の写真が流出し、容姿バレするも自重する気配は全く見せず、精神的にタフである。
ぎろかくを目の敵にしているがチェックは怠らない模様。
最近では流行のネットラジオをたしなんでいるが、「ダベリ程度の内容」「異音がする」「滑舌が悪い」と、スレでは概ね不評であった。が、ハイザをゲストに招いた時は相手を圧倒し、動画制作やブログのアドバイスをするなどの余裕を見せた。
そのすぐ後、はてな匿名ダイアリーでの「最近のIRCはおかしい、態度の良くない奴の声が大きい」というエントリーに対して、自分がdisられてると感じたこっくんは煽りエントリーで応酬した。
それに反応したのは意外な人物だった。見る専ブログ運営者であり、最近週マスメンバー入りしたむーくである。「なんでも喧嘩腰は良くない」と指摘するむーくに対して、こっくんは「もういい加減、黙っているのには疲れました」「とりあえず死ねばいいと思う」と反応する。
むーくは、こっくんのそういった発言や態度が粘着や敵を作ってると冷静に指摘。こっくんは捨てゼリフを残して休養宣言をした。
24時間リレーラジオで華麗によっこらセックスするも、(企画内の放送なので)復活についての釈明はなかった。

   ./:::::::::::::::::r':::::::ミi彡:::: .:::::::::`,
   /:::::::::::::::::::: ::,,.-:;;人r'ミ:::...ヽ::::`,
  i':::::::::::::::: :;;ノ"      `:ミ:::::::i
  i::::::.. :彡r'   /' '\   }`::,;}
  {'::::: :彡ノ   -・=-, 、-・=- i:::::j
  i:::.i' シリ.    ノ( 、_, )ヽ   リ::ノ   どいつもこいつもMSCか。好きにすりゃいいけど
   l イ,ゞi   ノ、__!!_,.、  jリノ   アイマスは別に好きじゃないけどニコマスは好きとか
    i;:::::::リ     ヽニニソ   j,ツ    抜かす人は自分を follow しないで下さると嬉しいです .
    l::::::ミ、 ;           /'j.
    j:::,iヽ、ヽ  i、 、_ ノ'.::ノ.
  -ー''"::::\  ヽ、 ..,,='" ノ i"''ー-..,_

EZ(ハイザ、high座)
天空力だけなら間違いなく全天空一を誇ると思われる。
その溢れんばかりの天空力は自らだけでなく、他者にも影響を及ぼすことが知られていて、彼に近ずきすぎたため、内からの天空力が増大し天空化したPも存在するほどである。
ああ、くそ、なぜこんなことに
現在、ニコマスP目指して動画制作にいそしんでいるが、完成の目途さえ立っていないのに「週マス1位」「初日で5万再生オーバー」とうそぶく。
彼の暴れっぷりは各天空(㌧、○先生、イト、tl○、葱、管理人)の項目を参照のこと。
最近になってみさきPと改名し,7月5日に議論隔離紳士コミュを立ち上げた。
※追記:その後しばらくは例によって掲示板が彼の独り言で埋められ、暇なぎろかく住人がたまに構うという状態が続いていたが、
ゲーム新作がPSPで発売されることが決定。7/27のライブにて星井美希が移籍、アーケード版没キャラが再登板した961プロダクションという設定が発表されアイマス界隈が騒然とする中、議論隔離紳士コミュがco961というコミュオーナー社員疑惑が出るほどの奇跡的なIDを抑えていたため即日コミュの用途を961プロコミュに変更、まさかの祭となった。
さらに翌日「自分がコミュオーナーでは入りづらい人もいるのでは」と、オーナーを譲ることを明言。
譲った相手が元老院の一人だったため、元老院に取り入るための策略と狡猾確信するものもいるが、その潔さはスレでも評価されている。
現在、ネトラジで無職であることを公表、しばらく一週間に250回も麻雀を打つなど暇をもてあましている様子だったが、11月11日に突如週マス編集部Pとしてデビュー、斜め上のデビューの仕方でスレ住人を驚かせる。ハイザの週マス入りで、週マスの行く先を心配する声もあるようだ。
※追追記ネットラジオがお気に入り
管理人との絡みからネットラジオに傾倒をしはじめ、。ネトラジ騒動以降の主な誇示行動となる。
その後こっくんのラジオにゲストとして参加するも、前出のようにトークにダメ出しが出た為、知り合いPとの対話スタイルを模索し始めた。大佐とKYをゲストに呼んだラジオがおおむね好評だった為、次も大物Pを呼ぶと宣言。
直前になってケツキック事件前の頂点Pと発覚。当時は天空力皆無な超大御所な為、ぎろかく住民が逆に萎縮。
呼ぶな、やめろと止める発言が相次ぎ、実際のところは未遂で終わる。
またこの件に関わっているとされたくわまんがコメントで釈明するなどぎろかくとしては異例の出来事となった。
その後ピンで数回ラジオを行うが、どれも長野一回目のラジオ並の大不評で一時ラジオ活動を停止する。
※追追追記改名後初ネットラジオ
週マス増刊号を数本刊行し周囲となじんできた為、タガが緩んだのか改名後も同じ掲示板を改装してネトラジ実況用に掲示板に使うという懲りていない様相で告知。
これらはぎろかくでも取り上げられたが、大して反応も無く当日に至る。
しかしすでに新しい波であるニコニコ生放送が始まっており、リアルタイムでの相手とのやり取りが簡単にできるスタイルとしては過去の物になった瞬間でもあった。
彼は女性Pをゲストに迎えて、ブログで好評を得た対話スタイルでウケを狙っていたようだが、
紋切り型のニコマスネトラジスタイルな上、女性P目当てのリスナーと、はしゃぐ。先生以外の見所は無かった。
リスナー数はそれなりに稼いではいたがどうやら荒しが宣伝しまくっていた様子。そのワリには荒れてないのは女性Pの語りに聞き惚れていたのだろうか。
調子に乗って2回目の放送をまた女性Pとラジオを行うが、前回以上のgdgdっぷりであった。
ただ途中で「好きなPは?」と問われたとき、「。先生が好き、本気で迷惑かけたのに…いつも…(涙声で聞き取れない)」などと言うや否やいきなり泣き声になり、女性Pに進行を丸投げする場面があり、リスナーをドン引きさせた。
今後はPV系MADを出すまでラジオはしないと断言したが、誰も信じていない。


社長
王様と仲間たちを丸めこんで自社の製品の開発に彼らを参加させた。
その行為はニコマス界の著作権的な問題として大きな波紋を広げ、各地で論戦が繰り広げられた。
直後にこの騒動に激怒した真性が彼らの会社が同人ゴロであると暴露。その元データにより社長と専務の実名がぎろかく民に晒されるという事態にまで達する。
結局P名義を商品からはずし、彼は動画非表示、商品はそのまま発売という形で決着がついた。
その後某大会で一時復帰、春香誕生祭前後に動画再表示、新作投稿をするが、結局また引退した。
なお、彼のうpした動画に不快なコメントを残した場合、威力業務妨害刑法234条
に問われることがあるので注意が必要である。

専務
社長の実弟。にゃんにゃん動画で大ヒットを飛ばし、再生数では兄を上回っていた。

王様
帝国の創始者。帝王。そのカリスマ性と政治力により、ニコマス界を支配しようと画策しているとされる。
企画物などに優れた手腕を発揮しニコマス界の発展に大きく寄与してきた。
また、ぴoるPを悪の道から救った美談でも知られている。
しかし、順風満帆だった彼の人生を狂わせたのは、お下品集団ちんoうPの出現であった。
生来の潔癖症でエロ・グロ嫌いな彼にとって、ちんoうPは許せるものではなく、深刻な感情的対立を醸成することとなる。
対立が決定的となったのは、彼に暴走したちんoうPからクリーチャー画像が送られて来た事件である。
それは、睡眠不足と王としての重圧の中で執務する彼を、覚醒させ天空へと昇華させるに至った。
天空力を得た彼は、『Red fraction』を口ずさみながらロベルタのごとく、正義の鉄槌を狡猾なちんこうPどもに下すために動きだす。
帝国暦2007年10月20日 06:12 自ら敵地に侵入、ちんoうPの巣窟であるちんこうトピを消去し素早く撤退。
彼は華々しい奇襲を成功させ、不倶戴天の敵であるちんoうPが、慌てふためく姿を想像しながら勝利の美酒に酔ったのである。
後世の歴史家は、この奇襲作戦を真珠湾奇襲作戦などと並び戦史上最も優れた奇襲作戦と評している。
そして王の在位中最も輝いた瞬間でもあった。
しかし戦術的には成功した作戦であったが、戦略的には大きな失敗を犯すこととなった。
本丸を失ったちんoうPであったが、実質的な損害は無かった。
逆に新たなちんoうPが生まれ荒らしを始めたこと。
天空力の使用により、王様自身が代償として記憶の一部を失ったこと。
王様の親征に対して帝国内部からも軽率であるとの批判があり、帝国内の民心が離れ統治の為の対策が必要となったこと。
体制の引締めを図り、次の一手を打とうとしていた矢先、帝国内に激震が走った。
かねてからの不満分子であったユダPが裏切り、帝国内部の最重要機密であるIRCログを、ぎろかく民に晒したのである。
これにより、ニコマスを支配しようとしていた彼の野望が白日のもとに晒され、一転窮地に追い込まれたのであった。
ここで彼はひとつの決断をすることとなる。
状況の打開・帝国内の人心掌握、そして自らのカリスマ性の保持のため帝国内で参謀的立場にあった、ゆoみPの進言に基づき、カルタにより帝国民の士気を上げる策の採用である。
しかし、ゆoみPは狡猾な男であり、危険な裏の顔をもっていた。
ちんoうP憎しの感情に支配されといた彼は、ゆoみPの甘言に乗りカルタに帝国の興廃を賭けたのである。
秘密裏に進められたカルタ計画は順調進み、ついに完成の日を迎えた。
彼は宮殿に配下のPを招き祝宴をあげ、帝国民は勝利の凱歌ならぬツンデレの罵り声に精神を高揚させた。
ニコマス民は、カルタに驚き羨望の眼差しを帝国に送ったのである。
しかし、それは長続きしなかった。
P名は神聖なものであり、それをカルタに使うのは許せないとの声が上がりはじめた。
さらに、この計画を主導したゆoみPの裏の顔と闇の人脈が、彼らを快く思っていない人物からリークされたのだ。
帝国がゆoみPの金儲けに利用されていたと気付いたときには、民心は離れ忠実な配下だった者達まで謝罪をはじめたのである。
もはや帝国は、ちんoうPとの戦いどころでは無く、敗北に等しい和解という選択しか残されていなかった。
自ら、ちんoうPになることを決断したときの彼の心境はいかばかりだっただろうか?
王としての苦悩など我々ぎろかく民にわかるはずもない。
ニコマスの頂点に立てなかった彼だが、天空ヒットチャート誕生時、過去の実績・人柄などが、ぎろかく民に評価され頂点のさらに斜め上、Sクラスの天空Pとして伝説的な二人と並び称されることなったのである。

イト
一度引退宣言するもその後別名で復帰、新人を装い底辺スレで初めて作った動画だと言って自分の動画の検証を頼んだ。
新人とは思えないクオリティに底辺スレは騒然となりイトはご満悦だったが、イトと同じアカウントで動画をアップしていたため正体がバレてしまい、動画を全部消して本当に引退してしまった。
この騒ぎの最中、無名時代のEZがイトを騙って底辺スレで謝罪をしたため(後にEZが自白)みなの記憶に必要以上に残り、偽装処女=イトのイメージが定着、スレにイトやイト化の単語が頻出するようになってしまった。

上島
以前から引退→地獄巡りなどブログでの奇行が目立っていたが、その中の一つに自ら田中あ○まPのパクリをネタにしながら、「動画に突撃するな、これ以上するとブログ畳むぞ」とのたまった事がある。
その後つ○ねPのデート動画を紹介するが、動画にわずか数個の突撃コメ(これは胸囲的に少ないといってもいい)があっただけで「理解していただけなかったようで残念です」とブログを畳んだ。その様が上島竜平の持ちネタである「いいか、お前ら押すなよ!絶対に押すなよ!」に酷似していたことから、上島と呼ばれるようになる。
結局はブログを復活させたのだが、その第一声は「よっこらセックス!」であった。

。先生
先生はリアル職業からの由来。ハイザの友人で、ハイザと絡むと天空力が倍増する。
葱擁護で一躍スレの注目を浴びる。
EZに度々からまれるが、その正体が判明したとき、自分を騙していたハイザのための動画を作成し、ぎろかく住民の失笑もとい感動を呼んだ。
荒らしにも誠意を持って話せば伝わると考えるところが生真面目で、非常に先生っぽい。㌧の声優仲間でもある。
その真面目すぎる性格から常人とかけ離れた行動をすることも多い。
。先生の天空P入りはEZの責任ではあるが、短期間で天空Aランクまで上り詰めてしまった背景には○先生自身の性格が少なからず影響しているのは間違いない。
いろいろあって5月10日0時付けでブログを削除し、5月31日に全動画を削除した。ああ、くそ、なぜこんなことに。
その後何度かよっこらしたり、消したりを繰り返し、なにか思うことあってかニコマスからは撤退。
でもニコマスも見てるし、ニコマスのラジオをも聴いていて、ハイザともお友達のままのご様子です。

小島
Pには珍しくぎろかく好きを公言しており、たびたびブログでツンデレカルタ上島よっこらセックス!EZMSC2などのぎろかくネタを出す。
小島は劣化上島の意味であり、ノーマルPVうpスコアアタックで自らが使用している。
スレでは「構ってちゃん」「右肩下がりの再生数」「見る専ブログ乙」「文章力がない(byEZ)」と散々だが、それでもめげずにネタ振りする様はいじましい。
第一回ぎろかくレディオに凸し緊急出演するも、なにひとつ面白いことを言えず、第二回ぎろかくレディオにて「小島つまんない」とdisられた。

最倒さん
EZが自分のブログ『頂室典範』にて「専属Pのことを『最もアイドルに傾倒するもの』と言う意味と最東み○くPに敬意を表して最倒さんと呼びたいくらいだ」といったところに由来する。スレでは「犀等」など勝手な漢字を当てられることが多い。最倒さんが最も輝くDLCの日には「祭盗」など、祭りの文字を使うのがお約束。
かつては帝国IRCで大人な態度を見せていた事もあったが、2月に音声素材をエロ動画に無断流用されてぶちギレ金剛。相手の動画は削除させたが、その禊として自らの全動画を非表示にする(後に解除)。過剰反応ではという意見もあったが、この時点では比較的擁護意見が多かった
その後、続空のコメ欄で「ノーマルPVは見ません」との意見に、日刊秋月律子と称して日々ノーマルPVをうpしていた彼は「アイドルマスタータグ外せばいいんだろ」と激怒。
こっくんの「ノーマルPVではなくて編集している」というフォローも最近未編集のものを続けてうpしていたため逆効果。続空が学級会を開こうとするもその甲斐なく、釣り宣言をしてブログを閉鎖する。
しかしその後も黙々と律子動画を上げ続ける様やDLC配信日の大活躍などでスレでの人気は概ね高い。
しばらく目立った動きはなかったが、突如として今後の週マスへの自分の動画の掲載を拒否する旨を運営に伝えたことをブログにて発表した。
動機は不明だが律子の乗馬動画が週マスにランクインしたことへの抗議からという説と、Red fraction ロベルタで念願の一位を取るも、各方面からdisられたことの心労からという説が有力である。
それらの心労が原因かは不明だが、8月中でのニコマスP引退を表明、天空界だけでなく、ニコマス界でも有名である彼の引退宣言にはスレも一時騒然となった。
9月26日、動画全削除し完全引退。
最倒さんの、律子PVを毎日上げないと死んじゃう呪いにかかってるとの発言から、23日にzoomeメンテが長引き動画を毎日上げることが出来なかった為に 、呪いに倒れたとの風聞がある。

2月9日にアイマス限定版フィギュアでボーリング動画(現在は削除)がうpされる。制作したのは映像技術部で、1年前の撮影当時にその一員であった葱が出演していた。
当初、スレでは問題視する意見はほとんどなかった。その後、葱の話題が出たときにブログを閉鎖していることが判明し、スレの燃料となった。
ぎろかくで注目を浴びたがっていたEZがこれをチャンスと考え、尻馬に乗って葱に粘着しスレまで立てた。
葱は別ブログにてよっこらセックスしたが、跡地のポエムの香ばしさ(葱曰く元ネタがあるらしい)と、映技へ全て責任を押し付けたかのような縁切り発言が波紋を呼んだ。
―――葱の香りに、誘われて来たんだね。
―――ほらごらん、あれが葱の花。
―――葱坊主と言うんだ。
―――そう、葱坊主。花言葉は、愛嬌者。
―――もっとよく、葱を見て。
―――これを、君にあげよう。これは、君の花だ。
彼の行動がきっかけで。先生はぎろかくのアイドルへの道を歩み始めることになる。※。先生の葱擁護ブログ
そして、ハイザ、。先生、管理人など一連のねとらじ事件のキーマンなのだが下記の語録に上記の反省は無い。
+葱言語学
以下は第2回ぎろかくねとらじ放送時の実況IRCログより抜粋したものである。
23:39 (Negi) よろしいw
23:41 (Negi) wwwwwwwww
00:06 (Negi) 管理人wwww
00:49 (Negi) wwwwwwwwwwwwwwwwwww
00:53 (Negi) wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
00:53 (Negi) 動画は好きなのかよwwwwwwwwwwwwwwww
00:53 (Negi) wwwwwwwwwwwwww
01:26 (Negi) 813祭りwwwwwwwww
01:31 (Negi) EDバレじゃねぇのかwwwwwww
葱言語は母音よりも頻出する文字があるという、世界的にみても稀有な言語である。だが圧縮効率が非常に高く、デジタル世代ならではの特徴といえる。しかし、「Q」と「E」の間にあるキーがかすれてないか心配だ。
そして晴れて天空入り後、ブログで天空烏龍茶購入報告するなどぎろかく民である事、「茶」目っけがある事をアピールした。
しばらくは「王様橋の人」という代名詞を冠するほどに痛機関連動画とヤヨイスキーでじわじわと天空力を弱めていたのだが、
ドラキー、上島信者のリッちゃん派Pと供に底辺ちんこ組の活動から周りへの発言力を持つようになってくる。
秋メドレーでじかぜを呼び込み自らも参加して、古参ちんこ組なら5桁動画でも元老院入りできる事を証明。
そして元老院に加入さえすれば(注:自身の黒歴史を無視できる)他のP説教する権利がある事を白装束包囲網IRCでぎろかく民に知らしめた。

サンライズ
りっじゃあの名作「太陽のあずさ」が権利者削除された直後に同じ曲を使用したMADを「太陽はまた昇る」という名言と共にアップロードした。
ぎろかく名の「サンライズ」はこの名言にかかっている。
サンライズの態度は権利者を挑発しているのに等しく、スレは騒然となった。
しかしスレの大勢と違い、彼のブログにはまるで「権利者側が悪い」とでも言わんばかりの擁護コメも見られ、スレ住民を驚かせた。
擁護の声はともかく、さすがに本人自身は反省しているものと思われていたが、最近になって団結でまた太陽を昇らせ、天空人特有の懲りない性格であることが裏付けられた。

tl○
IRCメンバーでこっくんの取り巻き。
  |l、{   j} /,,ィ//|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ     | あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
  |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |     < 『F-2を壮絶にdisっていたと思ったら
  fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人.    |  いつのまにか壮絶にdisられていた』
 ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ   | 催眠術だとか超スピードだとか
  ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉.   | そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
   ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ. │ もっと恐ろしいぎろかくの片鱗を味わったぜ…
  /:::丶'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ \____________________
こっくん、EZというぎろかくが誇る2大天空Pになぜか好かれているかわいそうな人。結構口が悪く、ブログでよく他人や見る専に皮肉めいたエントリを書いていた。
しかしEZに乗り込まれたり、disった相手が大物と分かると急に態度を変える様がギロカクで笑いの種となり、すっかり小物のイメージが定着してしまった。
そのため天空ランキングも最低のZ評価である。
性格の割りに作風はピュアなものが多く、その動画が織り成す美しいしらべはいきり立ったキチガイの精神を鎮める効果があると言われている。
色々あったがその後、IRCにてtloとF-2Pが和解する。
ブログもよっこらセックスし、その直後は相変わらずのtl○節炸裂にぎろかくでも話題になっていたが、その後はそれほどでもなかった。
七夕にうpした作品は、「R○gerPリスペクト」とタグロックするくらいパクリリスペクトぶりと、当初はすぐに消すといっていたにもかかわらず結局は消さないというgdgdっぷりが話題を呼んだ。
【参考魚拓】

F-2P
MSC2のFinal(決勝)2番目の動画制作P。
その正体は年度末救世主的ぎろかく民。35万再生(非ニコマス)を誇る聖○P。詳細は「tlo」を参照。

ハイザっく
社長大嫌いが高じて騒動のまとめと称する告発動画を作った人。名前の通りハイザ=EZを意識している、らしい。スレ的にはあんまり居て欲しくないキチガイ枠の一人。
よくEZと比較され、スレ住人から「基地外だがちっとも面白くない」など評されている。
本スレが汚い話をしない(本人談)のが憎いらしく、よく本スレに突撃する。住人は大迷惑。
普通のMADPVも作れるが、本スレ自貼りもスルーされるわ動画もコメントつかないわで(´;ω;`)かわいそうです。
ぎろかくでぎゃあぎゃあもめたあと引退宣言などしているが、本スレに自覚症状のないキチガイが出るたびに、ハイザっく復活の文字がスレを賑わしている。
嫌いな言葉は威力業務妨害

管理人(ねとらじ)
ゴールデンウィークの最中、スレにてぎろかくのネトラジをやろうと発言する。
当初スレでは「盛り上がらないんじゃないか」との冷めた意見が主流で、注目度も低かった。
しかし管理人がしたらばに実況板を立て(現在は削除)、5/4の23時に第1回放送が始まってみると、管理人の手馴れた司会進行もあり、IRCでもネタになるなど大いに盛り上がった。
第2回放送は5/6の23時スタートで、視聴者は180人超と前回以上の注目度で好評のうちに終了した。しかし、放送中に自らネタ振りし正体バレバレの「天空P(参加者名)」をハイザといってしまったことが、後日大きな騒動となる。
.
これにより「EZ」もしくは「ハイザ」名で活動した場合は。先生の動画を荒すと宣言していたauが、それを実行する。この原因がねとらじにもあると考えた。先生が抗議のため、自ブログを閉鎖すると宣言。
。先生はねとらじ掲示板にも書き込み、苦言を呈した。荒しに責任を感じていた管理人は謝罪し、。先生は完全に納得できてはないようだが、これでこの話は終了――するはずだった。
.
。先生のブログ閉鎖を止めさせたいEZが暴走し、管理人に。先生へP名でのメール謝罪を要求する。
そこで管理人が思わぬ天空力を見せ、P名公開し動画を全削除する。その後は青鬼を演じてるのか、本当にどうでもよくなったのか、逝かれたレスをねとらじ掲示板に残し続けた。
EZに係わった人間は、その内なる天空力が何倍にも引き上げられるという事を再認識した事件であった。
【参考魚拓】
http://s03.megalodon.jp/2008-0510-0003-48/jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/radio/566/1209917254/896-
http://s02.megalodon.jp/2008-0509-1653-17/yaplog.jp/okina33/
引退したと思われたが、亜美真美生誕祭にまさかのよっこらセックス
「底'z」dis謝罪3部作でニコマスP活動を終了と宣言しておりながら、なぜか美希誕生日動画や歌ってみた動画をうp、不思議な存在のままであった。
その静寂が破られたのは12月28日のねとらじ「ぎろアナ」。ognasのスレにメールみろとのメール。そのあと管理人ホストでognasゲストのラジオ後ろから被せて始めた。
その中で。先生やハイザラジオに関する発言があったためハイザが降臨などデジャブを感じるヤラセ感満載で進行。
ここで「60以上もレスして、ぎろかく自警団してた」「中の人しか興味ない」「インド?あえーちーうえる・・・」「わたアイ?ああそうね」「ぎろかく性善説」と迷言を連発。
最後の2時間は一人で声優話を延々と展開し意味不明なラジオであった。
翌日。先生が実況スレに降臨し、録音をうpしろ&管理人はメールをよこせとのレス。管理人はみずからの掲示板に誘導し先生を悪者にしたてあげ同情を買うのに成功。ここから異次元展開に突入する。
。先生に謝罪した舌の根の乾かぬうちに、「スカイプタイマンテレフォン」を告知。叩きや煽りを挑発する内容で天空力のあふれ出す自らの痴態を誇示。おそらく自分の腕を過信しての暴走と思われる。
当日朝、ニコマススレ、ぎろかくにキチガイが襲来。その状態の中で敢行したため、宣伝されまくるわ、キチガイにエサ与えるわ、
住民が与えたエサで他ジャンルの管理人動画が晒されるわ、スカイプ誰も来ないわ、フルボッコ状態で泣きながら愚痴吐きで終了。初陣での華々しい評価とは対照的な悲惨な終わり方であった。
その直後、ognasがフォローのラジオをしたのだが、そのさなかスカイプタイマンテレフォンの実況スレを削除、自分の動画を全て非公開にして悲劇のヒロインをアピールしている。
引退は自殺と同じで自分を見て欲しいためのアピールであるため、しばらくしたらよっこらするであろう。(後日オグしたらばでイト化とよっこら予告した)

25歳(5歳、四半世紀)
天然Pに絶賛ストーカー中
詳しくはまとめを読めばいいと思うの。
ブログ24時間アイマスTVコミュで活動していたが、現在は両方とも削除。
騙りコミュのまとめはこちらなの。
ついに死ぬ死ぬ詐欺まで!
その恐怖は半ば伝説となっており、いまだに、#天然チャンネルに素性の知れない人物がいると、25歳では?という
エスパー合戦が繰り広げられるほどである。

英知(i)
ニコマス系絵師。
後に肴の移転前blogのコメント欄から肴の気を引くためにアイマス絵を始めたことが判明。
同時に自分から積極的にアプローチしていたことが発覚し、それが完全に自身のmixiの日記と食い違っている事から軽い虚言癖があると思われる。
肴とは昨年の末から交際(?)を始め、周りにそののろけっぷりをひけらかすほどだったが、今年の夏に肴の二股が発覚。
上述の騒動以後は、IRCをはじめとしたニコマスコミュニティに何食わぬ顔で居座り続ける事以外に目立った行動はしていなかったが、
後に起きる原産事件のIRCログ晒しを皮切りに、無言キックなどをはじめとした問題行動の報告が後を絶たなくなる。
そもそも最初の問題発露も痴話喧嘩の末の瞬間暴走ではなく、天空たる力を姫た、いわゆる天空姫の完全覚醒までの序章でしかなかった。
と、のちにぎろかく民は思い知るのである。

UOM@S@の歌い手。
親のスネをかじりつつ彼女に貢いでもらいながら一人暮らしを続けるヒモニート31歳。
英知と隣の人との二股をつづけ、隣の人の私物を部屋に置きっぱなしのところが見つかり問い詰められた時も
「普通って何?普通の人と付き合いたいなら僕は無理」
ということを言ってのけたすごい人。
詳細は「英知」の項を参照。
主な棲家はIRCch#UMR、本件については完全黙秘を貫いている。


当ページの訪問者数
本日 -
昨日 -

合計 -

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。