|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-60

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-60

WSF-1(航跡保護設備)の実験とスペースハブによる実験が主な任務。



打ち上げ日

アメリカ東部時間:1994年2月3日午前7時10分
日本時間:1994年2月3日午後9時10分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39A発射台

飛行期間

8日7時間9分

使用オービタ

スペースシャトル「ディスカバリー(Discovery)」
ディスカバリーとしては18回目の、シャトルとしては通算60回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部時間:1994年2月11日午後2時19分
日本時間:1994年2月12日午前4時19分

帰還場所

フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)

主な搭載品

WSF-1
SPACEHAB-2


クルー

コマンダー
チャールズ・ボールデン(Charles F. Bolden, Jr.)
86年STS-61C、90年STS-31、92年STS-45に搭乗。
パイロット
ケネス・レイグラー(Kenneth S. Reightler)
91年STS-48で飛行。
MS
ジャン・デイビス(N. Jan Davis)
92年STS-47に搭乗。
STS-47では毛利衛宇宙飛行士と一緒だった。
MS
ロナルド・セガ(Ronald M. Sega)
MS
フランクリン・チャン-ディアズ(Franklin Chang-Diaz)
1986年STS-61C、1989年STS-34、1992年STS-46に搭乗。
MS
セルゲイ・クリカレフ(Sergei K. Krikalev)
ロシア宇宙飛行士。
88年~89年に掛けて行われたミールでのソ連-フランスミッションに参加。
91年にミール滞在中にソ連が崩壊して帰還出来なくなった宇宙飛行士の1人
もう1人はISS第17次長期滞在クルーのコマンダーのセルゲイ・ヴォルコフの父、アレクサンドル・ヴォルコフ宇宙飛行士。
このミッションで初めてシャトルに搭乗したコスモノートとなった。