|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-61

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-61

第1回ハッブル宇宙望遠鏡サービスミッション。
主鏡の球面収差の為に予定通りの性能を発揮出来ていなかったハッブル宇宙望遠鏡に「Corrective Optics Space Telescope Axial Replacement(COSTAR)」と呼ばれる補正装置や、太陽電池パネルの交換、新しい広域・惑星カメラへの交換、ジャイロの交換などが行われ、ミッション終了後ハッブル宇宙望遠鏡は予定以上の性能を発揮する事となった。



打ち上げ日

アメリカ東部時間:1993年12月2日午前4時26分
日本時間:1993年12月2日午後6時26分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39B発射台

飛行期間

10日19時間58分

使用オービタ

スペースシャトル「エンデバー(Endeavour)」
エンデバーとしては5回目の、シャトルとしては通算59回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部時間:1993年12月13日午前12時26分
日本時間:1996年12月13日午後2時26分

帰還場所

フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)

主な搭載品

COSTAR
太陽電池パネル
広域・惑星カメラ
ジャイロ

クルー

コマンダー
リチャード・コービー(Richard O. Covey)
85年STS-51I、88年STS-26、90年STS-38に搭乗。
パイロット
ケネス・バウアーソックス(Kenneth Bowersox)
92年STS-50で飛行。
MS
ストーリー・マスグレイブ(F. Story Musgrave)
83年STS-6、85年STS-51F、89年STS-33、91年STS-44に搭乗。
MS
キャサリン・ソーントン(Kathryn C. Thornton)
89年STS-33、92年STS-49に搭乗。
MS
クロード・ニコリエ(Claude Nicollier)
ESA宇宙飛行士。
92年のSTS-46に搭乗。
MS
ジェフリー・ホフマン(Jeffrey A. Hoffman)
85年STS-51D、90年STS-35、92年STS-46に搭乗。
MS
トーマス(トム)・エイカーズ(Thomas D. Akers)
90年STS-41、92年STS-49に搭乗。