|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-31

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-31

ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げミッション。
しかし主鏡の球面収差が打ち上げ直後の調整で発覚し、予定の5%程度の分解能敷かない事が判明。
後に解析ソフトの変更で予定性能の58%迄回復する事に成功するも、予定の性能を発揮するのは93年のSTS-61のサービスミッション以降となった。



打ち上げ日

アメリカ東部夏時間:1990年4月24日午前8時33分
日本時間:1990年4月24日午後9時33分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39B発射台

飛行期間

5日1時間16分

使用オービタ

スペースシャトル「ディスカバリー(Discovery)」
ディスカバリーとしては10回目の、シャトルとしては通算35回目の飛行。

帰還日

アメリカ太平洋夏時間:1990年4月29日午前6時49分
日本時間:1990年4月29日午後10時49分

帰還場所

カリフォルニア州エドワーズ空軍基地内 NASAドライデン飛行研究センター(DFRC)

主な搭載品

ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)

クルー

コマンダー
ローレン・シュライバー(Loren J. Shriver)
85年STS-51Cに搭乗。
パイロット
チャールズ・ボールデン(Charles F. Bolden, Jr.)
86年STS-61Cに搭乗。
MS
スティーブン・ホーリー(Steven A. Hawley)
84年のSTS-41D、86年のSTS-61Cに搭乗。
MS
ブルース・マッキャンドレス(Bruce McCandless II)
84年STS-41Bに搭乗。
MS
キャサリン・サリバン(Kathryn D. Sullivan)
84年STS-41Gに搭乗。