|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-34

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-34

木星探査機「ガリレオ(Galileo)」の放出とShuttle Solar Backscatter Ultraviolet(SSBUV:スペースシャトル搭載用太陽紫外線後方散乱測定分光計)による観測などが主な任務。
木星探査機「ガリレオ」はメインのハイゲインアンテナが木星に向かう途中で展開に失敗し、ローゲインアンテナしか使用出来なかった。
このため途中で探査機のプログラムを書き換え観測データを圧縮して送信させるように対策が取られた。
2003年9月21日木星に落下させて消滅した。



打ち上げ日

アメリカ東部夏時間:1989年10月18日午後12時53分
日本時間:1989年10月19日午前1時53分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39B発射台

飛行期間

4日23時間39分

使用オービタ

スペースシャトル「アトランティス(Atlantis)」
アトランティスとしては5回目の、シャトルとしては通算31回目の飛行。

帰還日

アメリカ太平洋夏時間:1989年10月23日午前9時33分
日本時間:1989年10月23日午前1時33分

帰還場所

カリフォルニア州エドワーズ空軍基地内 NASAドライデン飛行研究センター(DFRC)

主な搭載品

木星探査機「ガリレオ(Galileo)」
SSBUV

クルー

コマンダー
ドナルド・ウィリアムズ(Donald E. Williams)
85年STS-51Dで飛行。
パイロット
マイケル・マッカリー(Michael J. McCulley)
MS
フランクリン・チャン-ディアズ(Franklin Chang-Diaz)
1986年STS-61Cに搭乗。
MS
シャノン・ルシッド(Shannon W. Lucid)
85年STS-51Gに搭乗。
MS
エレン・ベーカー(Ellen S. Baker)