|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-3

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-3

シャトル計画開始後3回目の試験飛行。
シャトルの機能やロボットアームの操作性、船内の居住環境に付いてのテストが行われた。
ニューメキシコ州のホワイトサンズ宇宙基地に初めて帰還した。
これ以来今のところシャトルは一度もホワイトサンズ宇宙基地に着陸した事はない。



打ち上げ日

アメリカ東部時間:1982年3月22日午前11時0分
日本時間:1982年3月23日午前1時0分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39A発射台

飛行期間

8日0時間4分

使用オービタ

スペースシャトル「コロンビア(Columbia)」
コロンビアとしては3回目の、シャトルとしては通算3回目の飛行。

帰還日

アメリカ山岳部時間:1982年3月30日午前9時4分
日本時間:1982年3月31日午前1時4分

帰還場所

ニューメキシコ州ホワイトサンズ宇宙基地

主な搭載品

各種実験装置

クルー

コマンダー
ジャック・ルーズマ(Jack Robert Lousma)
73年第2回スカイラブ・ミッションに搭乗。
パイロット
ゴードン・フラートン(Gordon Fullerton)
スペースシャトルのプロトタイプ「エンタープライズ」のテストパイロットの1人。