|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

太陽電池パドル(Solar Array Wings : SAW)

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



太陽電池パドル(Solar Array Wings : SAW)


太陽電池パドルは太陽光を電力に変換し、国際宇宙ステーション(ISS)に必要な電力を供給する。
太陽電池パドルは太陽光を直流電力に変換する32800枚の太陽電池、太陽電池ブランケット、太陽電池ブランケット収納箱、マスト、マストの収容容器から構成されている。
合計8枚の太陽電池パドルがISSのトラスに取り付けられる予定で、09年春に最後のS6トラスと太陽電池パドルが打ち上げ予定となっている。
太陽電池パドルは折り畳まれた状態で打ち上げられ、軌道上でマストを伸ばし展開される。

太陽電池パドルのうちS4トラスとP4トラスの物には、それぞれS3トラスとP3トラスに太陽電池パドル回転機構(olar Alpha Rotary Joint: SARJ)が付けられており、S4、P4トラスと太陽電池パドルとの結合部にあるベータ・ジンバル・アセンブリ(Beta Gimbal Assembly: BGA)と組み合わせて、太陽電池パドルを回転させる事により、太陽を追尾しより効率よく発電を行う事が出来る。

主要諸元

長さ:約35m(展開時)
幅:約11.6m(展開時)
重量:約1,089㎏
発電能力:31kw(寿命初期) 26kw(15年後)
太陽電池の発電効率:約14%

フライト番号

  • P6トラス
4A(STS-97)

  • P3/P4トラス
12A(STS-115)

  • S3/S4トラス
13A(STS-117)

  • P6トラス
15A(STS-119)

打ち上げ日時

  • P6トラス
アメリカ東部時間:2000年11月30日午後10時6分
日本時間:2000年12月1日午後0時6分

  • P3/P4トラス
アメリカ東部夏時間:2006年9月9日午前11時15分
日本時間:2006年9月10日午前0時15分

  • S3/S4トラス
アメリカ東部夏時間:2007年6月8日午後7時38分
日本時間:2007年6月9日午前8時38分

  • P6トラス
アメリカ東部時間:2009年2月27日以降(未定)
日本時間:2009年2月27日以降(未定)

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39A発射台(S3/S4、S6)

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39B発射台(P6、P3/P4)

使用オービタ

  • P6トラス
スペースシャトル「エンデバー(Endeavour)」
エンデバーとしては15回目の、シャトルとしては通算101回目の飛行。

  • P3/P4トラス
スペースシャトル「アトランティス(Atlantis)」
アトランティスとしては27回目の、シャトルとしては通算116回目の飛行。

  • S3/S4トラス
スペースシャトル「アトランティス(Atlantis)」
アトランティスとしては28回目の、シャトルとしては通算118回目の飛行。

  • P6トラス
スペースシャトル「ディスカバリー(Discovery)」
ディスカバリーとしては36回目の、シャトルとしては通算125回目の飛行。