|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ATV1

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



国際宇宙ステーションへの補給フライト ATV1


欧州宇宙機関(ESA)が開発したATV初号機「ジュール・ヴェルヌ」を打ち上げて、ISSの「ズヴェズダ」の後方ドッキングポートに無人でドッキングさせるミッション。
ISSに向かう初めての欧州補給機となる。

ATV1「ジュール・ヴェルヌ」は打ち上げ後軌道上で約3週間の間、機能試験、ドッキングに向けたテスト(デモンストレーション)が2回行われた。
ドッキング中に初めてATV1のスラスタを使ったISSのリブーストや、デブリ回避マヌーバが行われた。


打ち上げ日

フランス領ギアナ時間:2008年3月9日午前1時03分
アメリカ中部時間:2008年3月8日午後10時03分
日本時間:2008年3月9日午後1時03分

打ち上げ場所

フランス領ギアナ クールー宇宙基地

ISSとの結合日時

中央ヨーロッパ夏時間:2008年4月3日午後4時45分
アメリカ中部夏時間:2008年4月3日午前9時45分
日本時間:2008年4月3日午後11時45分

ISSとの分離日時

アメリカ中部夏時間:2008年9月5日午後4時29分
日本時間:2008年9月6日午前6時29分

使用ロケット

アリアン5 ES ATVロケット

宇宙船の名称

ATV1「ジュール・ヴェルヌ」

主な搭載品

飲料水    推進剤
酸素    アメリカ・ロシアの宇宙食
長期滞在クルー用衣服    広報用の記念品
欧州実験棟コロンバスとATVの軌道上交換ユニット(Orbital Replacement Unit: ORU)