|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ソユーズ(11S)

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ソユーズ宇宙船長期滞在クルー交代/ソユーズ宇宙船交換ミッション11S


11Sミッションは長期滞在クルーの交代を行うと共に、新しいソユーズTMA-7宇宙船をISSに届けるミッション。
2005年4月からISSに滞在していた第11次長期滞在クルーのセルゲイ・クリカレフ、ジョン・フィリップスと第12次長期滞在クルーウイリアム・マッカーサー、バレリー・トカレフとの交代が行われた。

このミッションでは史上3人目の宇宙旅行者としてグレゴリー・オルセン博士がタクシークルーとして搭乗。
8日間のISS滞在の間に、光検出器材料の結晶成長実験を行う他、ESAの3つの生医学実験を行った。



打ち上げ日

バイコヌール夏時間:2005年10月1日午前9時55分
モスクワ夏時間:2005年10月1日午前7時55分
アメリカ中部夏時間:2005年9月30日午後10時55分
日本時間:2005年10月1日午後0時55分

打ち上げ場所

カザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地

ISSとの結合日時(ソユーズTMA-7)

モスクワ夏時間:2005年10月3日午前9時27分
米国中部夏時間:2005年10月3日午前0時27分
日本時間:2005年10月3日午後2時27分

ISSとの分離日時(ソユーズTMA-6)

モスクワ夏時間:2005年10月11日午前1時49分
アメリカ中部夏時間:2005年10月10日午後4時49分
日本時間:2005年10月11日午前6時49分

使用ロケット

ソユーズ-FGロケット

宇宙船の名称

打上げ:ソユーズTMA-7(11S)
帰還:ソユーズTMA-6(10S)
(2005年4月17日よりISSにドッキング)

帰還日(ソユーズTMA-6)

モスクワ夏時間:2005年10月11日午前5時9分
アメリカ中部夏時間:2005年10月10日午後8時9分
日本時間:2005年10月11日午前10時9分

帰還場所

カザフスタン共和国

主な搭載品

高精細ビデオカメラ
ビデオテープ
実験ペイロード

クルー

第12次長期滞在クルー(打ち上げ)
コマンダー
ウイリアム・マッカーサー(William McArthur, Jr.)
93年STS-58、95年STS-74、00年STS-92に搭乗。
FE
バレリー・トカレフ(Valery Tokarev)
99年STS-96にMSとして搭乗。
taxi
グレゴリー・オルセン博士(Gregory H. Olsen)
史上3人目の宇宙旅行者。
Sensors Unlimited社会長。

第11次長期滞在クルー(帰還)
コマンダー
セルゲイ・クリカレフ(Sergei Krikalev)
88年~89年に掛けて行われたミールでのソ連-フランスミッションに参加。
91年にミール滞在中にソ連が崩壊して帰還出来なくなった宇宙飛行士の1人、もう1人はISS第17次長期滞在クルーのコマンダーのセルゲイ・ヴォルコフの父、アレクサンドル・ヴォルコフ宇宙飛行士。
94年STS-60で初めてシャトルに搭乗したコスモノートであり、シャトルとミールの初のランデブを行った時のクルー。
98年STS-88にもMSとして搭乗、
また2000年10月31日打ち上げのISS第1次長期滞在クルーともなった。
FE
ジョン・フィリップス(John Phillips)
01年STS-100にMSとして搭乗。
taxi
グレゴリー・オルセン博士(Gregory H. Olsen)