|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ソユーズ(5S)

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ソユーズ宇宙船長期滞在クルー交代/ソユーズ宇宙船交換ミッション5S


5Sミッションは、新しいソユーズTMA-1宇宙船をISSに届けるミッション。
今回のソユーズ宇宙船は新型のソユーズTMAの初号機であり、初飛行となる。
ソユーズTMA宇宙船はアメリカの宇宙飛行士も利用出来るように、これまでのソユーズTM宇宙船よりもクルーの身長と体重の制限が緩和されている。



打ち上げ日

バイコヌール時間:2002年10月30日午前8時11分
モスクワ時間:2002年10月30日午前6時11分
アメリカ中部時間:2002年10月29日午後9時11分
日本時間:2002年10月30日午後12時11分

打ち上げ場所

カザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地

ISSとの結合日時(ソユーズTMA-1)

モスクワ時間:2002年10月31日午前8時01分
米国中部時間:2002年10月31日午後11時01分
日本時間:2002年11月1日午後2時01分

ISSとの分離日時(ソユーズTM-34)

モスクワ時間:2002年11月9日午後11時44分
アメリカ中部時間:2002年11月9日午後2時44分
日本時間:2002年11月10日午前5時44分

使用ロケット

ソユーズ-FGロケット

宇宙船の名称

打上げ:ソユーズTMA-1(5S)
帰還:ソユーズTM-34(4S)
(2002年4月27日よりISSにドッキング)

帰還日(ソユーズTM-34)

モスクワ時間:2002年11月9日午前3時4分
アメリカ中部時間:2002年11月9日午後6時4分
日本時間:2002年11月10日午前9時4分

帰還場所

カザフスタン共和国

主な搭載品

実験ペイロード

クルー

コマンダー
セルゲイ・ザリョーティン(Sergei Zaletin)
00年「ミール」に滞在。
FE
フランク・ディベナ(Frank de Winne)
ESA宇宙飛行士。
FE
ユーリ・ロンチャコフ(Yuri Lonchakov)
01年STS-100にMSとして搭乗。
史上3人目の宇宙旅行者に予定されていたランス・ベース氏が飛行費用の支払いが出来ずに飛行取りやめとなり、その為バックアップクルーだった彼がクルーとしてアサインされた。