|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ソユーズ(2R)

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ソユーズ2R


ソユーズ宇宙船でISSの第1次長期滞在クルーを送り届ける為のミッション。
ソユーズTM204宇宙船は「ズヴェズダ」後部のドッキングポートにドッキングした。
彼らが乗ってきたソユーズ宇宙船はISSにドッキングしたまま、クルーの緊急帰還用として使用される。
ISSにドッキングしたソユーズ宇宙船は軌道上での寿命がある為、約6ヶ月おきに新しいソユーズ宇宙船と交換される事になる。



打ち上げ日

モスクワ時間:2000年10月31日午前10時53分
日本時間:2000年10月31日午後4時53分

打ち上げ場所

カザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地

ISSとの結合日時

モスクワ時間:2000年11月2日午後0時21分
日本時間:2000年11月2日午後6時21分

使用ロケット

ソユーズロケット

宇宙船の名称

打上げ:ソユーズTM204

主な搭載品

ザーリャ用ケーブル
ビデオカメラとアクセサリ
クルー線量計

クルー

コマンダー
ウイリアム・シェパード(William M. Shepherd)
88年STS-27、90年STS-41、92年STS-52にMSとして搭乗。
FE
ユーリー・ギドゼンコ(Yuri Pavlovich Gidzenko)
95年9月~96年2月まで「ミール」に滞在。
FE
セルゲイ・クリカレフ(Sergei Krikalev)
88年~89年に掛けて行われたミールでのソ連-フランスミッションに参加。
91年にミール滞在中にソ連が崩壊して帰還出来なくなった宇宙飛行士の1人、もう1人はISS第17次長期滞在クルーのコマンダーのセルゲイ・ヴォルコフの父、アレクサンドル・ヴォルコフ宇宙飛行士。
94年STS-60で初めてシャトルに搭乗したコスモノートであり、シャトルとミールの初のランデブを行った時のクルー。
98年STS-88にもMSとして搭乗。