|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

第17次長期滞在クルー

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第17次長期滞在クルー



・フライト名
1J/A(STS-123)、16S(ソユーズTMA-12宇宙船)、1J(STS-124)

・打ち上げ日
1J/A(STS-123) 08年3月11日 ギャレット・リーズマン
16S(TMA-12) 08年4月8日 セルゲイ・ヴォルコフ オレッグ・コノネンコ
1J(STS-124) 08年6月1日 グレゴリー・シャミトフ

・帰還日
1J(STS-124) 08年6月15日 ギャレット・リーズマン
17S(TMA-12) 08年10月24日 セルゲイ・ヴォルコフ オレッグ・コノネンコ



ISSコマンダー
セルゲイ・ヴォルコフ(Sergei Volkov)
父のアレクサンドル・ヴォルコフも宇宙飛行士で、91年のソ連崩壊時にミールに滞在していたので有名な人。
世界で初めて親子2代で宇宙飛行を成し遂げた。
第7次、第13次長期滞在クルーのバックアップに従事。
FE
オレッグ・コノネンコ(Oleg Kononenko)
ソユーズ宇宙船交換ミッション(4S)のバックアップに従事。
FE
ギャレット・リーズマン(Garrett Reisman)
第16次長期滞在クルーから引き続き第17次長期滞在クルーとして滞在。
今回08年3月STS-123でISSに行き、08年6月STS-124で帰還。
FE
グレゴリー・シャミトフ(Gregory Chamitoff)
第6次長期滞在クルーのサポート、第15次長期滞在クルーのバックアップとして従事。
今回08年6月STS-124でISSに行き、12月STS-126で帰還。