|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

第3次長期滞在クルー

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第3次長期滞在クルー



・フライト名
7A.1(STS-105)

・打ち上げ日
7A.1(STS-105) 01年8月11日
フランク・カルバートソン ウラディミール・ジェジューロフ ミハイル・チューリン

・帰還日
UF-1(STS-108) 01年12月8日
フランク・カルバートソン ウラディミール・ジェジューロフ ミハイル・チューリン

この第3次長期滞在クルーは第1次長期滞在クルーのバックアップに任命されていた。

ISSコマンダー
フランク・カルバートソン(Frank L. Culbertson)
90年STS-38でパイロットとして、93年STS-51でコマンダーとして搭乗。
FE
ウラディミール・ジェジューロフ(Vladimir Dezhurov)
95年3月~7月にミールに滞在。
FE
ミハイル・チューリン(Mikhail Turin)