|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ソユーズ(19S)

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ソユーズ宇宙船長期滞在クルー交代/ソユーズ宇宙船交換ミッション19S


19Sミッションは新しいソユーズTMA-15宇宙船をISSに届けるミッション。
ISS長期滞在クルー3名を運ぶ事で、ISS長期滞在クルーを現在の3名から6名常駐体制とする為のミッションでもある。

従来は長期滞在クルーの交代が行われ、それまで滞在していたクルーが古いソユーズ宇宙船で帰還していたが、今回からISSが6名常駐体制となるためソユーズ宇宙船の帰還は秋まで行われない。


打ち上げ日

バイコヌール時間:2009年5月27日午後4時34分
モスクワ夏時間:2009年5月27日午後2時34分
アメリカ中部夏時間:2009年5月27日午前5時34分
日本時間:2009年5月27日午後7時34分

打ち上げ場所

カザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地

ISSとの結合日時(ソユーズTMA-15)

モスクワ夏時間:2009年5月29日午後4時36分
米国中部夏時間:2009年5月29日午前7時36分
日本時間:2009年5月29日午後9時36分

使用ロケット

ソユーズ-FGロケット

宇宙船の名称

打上げ:ソユーズTMA-15(19S)

主な搭載品

米国の荷物
ロシアの荷物(消耗品や新鮮な食料を含む補給品)
ロシアの実験品目

クルー

第20次/第21次長期滞在クルー(打ち上げ)
コマンダー
フランク・ディビュナー(Frank De Winne)
02年にソユーズ宇宙船交換ミッション(5S)のフライトエンジニアとして飛行。
今回が2回目の飛行となる。
第20次長期滞在クルーとしてはフライトエンジニアとして、第21次長期滞在クルーとしてはコマンダーを務める。
アメリカ、ロシア以外の宇宙飛行士で初のISSコマンダーを務める。
ESA宇宙飛行士。
FE
ロバート・サースク(Robert Thirsk)
STS-41GのバックアップPSを務めた後、96年STS-78でPSとして飛行、05年にソユーズ宇宙船交換ミッション(10S)のタクシークルーのバックアップを務める。
今回が2回目の飛行となる。
CSA宇宙飛行士。
FE
ロマン・ロマネンコ(Roman Romanenko)
今回が初飛行となる。
ソユーズ宇宙船ではソユーズコマンダーを務める。