|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-127

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-127(2J/A)


国際宇宙ステーション(ISS)組立ミッション。
日本の実験棟「きぼう」の打ち上げ第3便にあたり、「きぼう」の「船外実験プラットホーム」「船外パレット」の打ち上げと設置が主な任務。
このミッションには日本人宇宙飛行士若田光一さんが参加。
若田さんは現在第20次長期滞在クルーとしてISSに滞在中であり、ティモシー・コプラ宇宙飛行士と交代で地球へと帰還予定。




打ち上げ日

アメリカ東部夏時間:2009年7月15日午後6時03分
日本時間:2009年7月16日午前7時03分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39A発射台

ISSとの結合日時

米国中部夏時間:2009年7月17日午後0時47分
日本時間:2009年7月18日午前2時47分

ISSとの分離日時

米国中部夏時間:2009年7月28日午後0時26分
日本時間:2009年7月29日午前2時26分

飛行期間

15日16時間45分

使用オービタ

スペースシャトル「エンデバー(Endeavour)」
エンデバーとしては23回目の、シャトルとしては通算127回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部夏時間:2009年7月31日午前10時48分
日本時間:2009年7月31日午後11時48分

帰還場所

フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)

主な搭載品

「きぼう」船外実験プラットフォーム
船外パレット
船外実験装置
曝露機器輸送用キャリア

クルー

コマンダー
マーク・ポランスキー(Mark L. Polansky)
01年STS-98でパイロットとして飛行。
06年STS-116でコマンダーを務める。
パイロット
ダグラス・ハーリー(Douglas G. Hurley)
MS1
デイヴィッド・ウルフ(David A. Wolf)
93年STS-58ミッションで初飛行。
97年STS-86ではミールに119日間滞在し、98年のSTS-89で帰還した。
02年STS-112で船外活動を担当。
MS2
ジュリー・パイエット(Julie Payette)
99年STS-96に搭乗。
CSA宇宙飛行士。
MS3
トーマス・マーシュバーン(Thomas H. Marshburn)
94年よりNASAのフライトサージャンとして勤務していた。
MS4
クリストファー・キャシディ(Christopher J. Cassidy)
元米海軍特殊部隊「シール」所属。
MS5
ティモシー・コプラ(Timothy L. Kopra)
第20次ISS長期滞在クルーとして滞在。
MS5
若田 光一(Koichi Wakata)
96年STS-72、00年STS-92ミッションに搭乗。
STS-72で日本人初のMSとしてスペースシャトルのロボットアームを操作した。
第18/19/20次長期滞在クルーとして滞在。STS-127で帰還。