|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

第20次長期滞在クルー

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第20次長期滞在クルー



・フライト名
19S(ソユーズTMA-15宇宙船)、2J/A(STS-127)、17A(STS-128)

・打ち上げ日
15A(STS-119) 09年3月16日 若田 光一(18次から継続)
18S(ソユーズTMA-14) 09年3月26日 ゲナディ・パダルカ マイケル・バラット
19S(ソユーズTMA-15) 09年5月27日 フランク・ディビュナー ロバート・サースク ロマン・ロマネンコ
2J/A(STS-127) 09年7月16日 ディモシー・コプラ
17A(STS-128) 09年8月29日 ニコール・ストット

・帰還日
2J/A(STS-127) 09年7月31日 若田 光一
17A(STS-128) 09年9月12日 ティモシー・コプラ
18S(ソユーズTMA-14宇宙船) 09年10月11日 ゲナディ・パダルカ マイケル・バラット



ISSコマンダー
ゲナディ・パダルカ(Gennady Padalka)
98年8月~99年2月まで第26次長期滞在クルーとして「ミール」に、04年第9次長期滞在クルーとしてISSに滞在。
第19次より継続してコマンダーを務める。
第9次長期滞在クルーの時は、第18次長期滞在クルーのコマンダー、マイケル・フィンクと一緒だった。
FE
マイケル・バラット(Michael Barratt)
98年第1次長期滞在クルーのリード・フライト・サージャンとして勤務。
第19次より継続して長期滞在クルーを務める。
FE
若田 光一(Koichi Wakata)
日本の宇宙飛行士。
第18次より継続して長期滞在クルーを務める。
96年STS-72に日本人初のMSとして搭乗。
00年STS-92に搭乗、その後01年よりISS長期滞在の為のアドバンスト訓練に参加。
今回09年3月のSTS-119でISSに行き、7月のSTS-127で帰還。
FE
フランク・ディビュナー(Frank De Winne)
ESA宇宙飛行士。
02年ソユーズ宇宙船交換ミッション(5S)のフライトエンジニアとして飛行。
次期第21次長期滞在のコマンダーで、アメリカとロシア以外の宇宙飛行士で初めてISSコマンダーを務める事になる。
FE
ロバート・サースク(Robert Thirsk)
CSA宇宙飛行士。
96年STS-78でPSとして飛行、04年にロシアでソユーズ宇宙船の訓練を受けフライトエンジニアの認定を取得。
FE
ロマン・ロマネンコ(Roman Romanenko)
今回が初飛行。
ソユーズ宇宙船搭乗時はソユーズコマンダーを務める。
FE
ティモシー・コプラ(Timothy L. Kopra)
今回が初飛行。
FE
ニコール・ストット(Nicole Stott)
今回が初飛行。STS-129ミッションで帰還予定。
彼女がシャトルで行き来する最後の長期滞在クルーとなる。