|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-128

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-128(17A)


国際宇宙ステーション(ISS)組立ミッション。
多目的補給モジュール「レオナルド」を搭載して、補給物資、システムラック、実験ラック、交換用のアンモニアタンクを運び、交換と回収を行う。
他に欧州技術曝露実験装置の取り外しと回収、材料曝露実験装置6の取り外しと回収等が行われる。
また今回でスペースシャトルでISSに打ち上げられる長期滞在クルーは最後となる。



打ち上げ日

アメリカ東部夏時間:2009年8月28日午後11時59分
日本時間:2009年8月29日午後0時59分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39A発射台

ISSとの結合日時

米国中部夏時間:2009年8月30日午後7時54分
日本時間:2009年8月31日午前9時54分

ISSとの分離日時

米国中部夏時間:2009年9月8日午後2時26分
日本時間:2009年9月9日午前4時26分

飛行期間

13日20時間53分

使用オービタ

スペースシャトル「ディスカバリー(Discovery)」
ディスカバリーとしては37回目の、シャトルとしては通算128回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部夏時間:2009年9月11日午後8時53分
日本時間:2009年9月12日午前9時53分

帰還場所

カリフォルニア州エドワーズ空軍基地内NASAドライデン飛行研究センター(DFRC)

主な搭載品

多目的補給モジュール「レオナルド」
軽量型曝露実験装置支援機材キャリア(LMC)

クルー

コマンダー
フレドリック・スターカウ(Frederick Sturckow)
98年STS-88、01年STS-105ミッションでパイロットとして飛行。
07年STS-117でコマンダーを務める。
パイロット
ケビン・フォード(Kevin Ford)
MS1
ジョン・オリーバス(John Olivas)
07年STS-117ミッションに搭乗。
MS2
パトリック・フォレスター(Patrick Forrester)
01年STS-105、07年STS-117ミッションに搭乗。
MS3
ホセ・ヘルナンデス(Jose M. Hernandez)
MS4
クリスター・フューゲルサング(Christer Fuglesang)
06年STS-116ミッションに搭乗。
ESA宇宙飛行士。
MS5
ニコール・ストット(Nicole Stott)
第20次ISS長期滞在クルーとして滞在。
彼女がスペースシャトルで打ち上げられる最後のISSクルーとなる。
MS5
ティモシー・コプラ(Timothy L. Kopra)
第20次長期滞在クルーとして滞在。STS-128で帰還。