|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

HTV-1

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



国際宇宙ステーションへの補給フライト HTV-1


HTV-1ミッションは日本が開発する宇宙ステーション補給機(H-II Transfer Vehicle: HTV)の第1回打ち上げミッション。
ISSへ向かう初めての日本の補給機となる。

HTV-1ミッションで打ち上げられる宇宙ステーション補給機は、技術実証機として位置づけられ、H-IIBロケットの初の打ち上げ、HTV技術実証機によるISSへの補給物資輸送の実施の他に、ISSへのランデブ飛行技術の検証、安全化技術・管制技術の検証、軌道上に於ける大型機体構造の検証、多重化したアビオニクス・推進系の構成の検証、宇宙飛行士の乗り込みが可能な有人対応設計(ISS係留中)の検証などの技術検証が行われる。



打ち上げ日

日本時間:2009年9月11日午前2時01分

打ち上げ場所

種子島宇宙センター 大型ロケット発射場 第2射点(LP-2)

ISSのロボットアームによる把持日時

日本時間:2009年9月18日 午前4時51分

ISSとの結合日時

日本時間:2009年9月18日 午前10時49分

ISSとの分離日時

日本時間:

使用ロケット

H-IIBロケット1号機

主な搭載品

補給キャリア与圧部搭載品
HTV補給ラック(HTV Re-supply Rack: HRR)7個
きぼう」日本実験棟船内保管室搭載型保管ラック

補給キャリア非与圧部搭載品
超伝導サブミリ波リム放射サウンダ:SMILES
沿岸海域用ハイパースペクトル画像装置および大気圏/電離圏リモート探知システム実験装置:HREP