|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ソユーズ(20S)

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ソユーズ宇宙船長期滞在クルー交代/ソユーズ宇宙船交換ミッション20S


20Sミッションは長期滞在クルーの交代を行うと共に、新しいソユーズTMA-16宇宙船をISSに届けるミッション。
2009年3月からISSに滞在していた第19/20次長期滞在クルーのゲナディ・パダルカ、マイケル・バラットと、ISSに9日間滞在したギー・ラリベルテ氏はこれまでISSにドッキングしていたソユーズTMA-14宇宙船(18S)で帰還する。

このミッションにはシルク・ドゥ・ソレイユの創設者であるギー・ラリベルテ氏が民間宇宙旅行者として搭乗し、宇宙から地球の水問題を考える為のイベントに出演。
世界で7人目の宇宙旅行者で、彼を最後に暫く民間宇宙旅行者の輸送は行われない。



打ち上げ日

バイコヌール時間:2009年9月30日午後1時14分
モスクワ夏時間:2009年9月30日午前11時14分
アメリカ中部夏時間:2009年9月30日午前2時14分
日本時間:2009年9月30日午後4時14

打ち上げ場所

カザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地

ISSとの結合日時(ソユーズTMA-16)

モスクワ夏時間:2009年10月2日午後0時35分
米国中部夏時間:2009年10月2日午前3時35分
日本時間:2009年10月2日午後5時35分

ISSとの分離日時(ソユーズTMA-14)

モスクワ時間:
アメリカ中部時間:
日本時間:

使用ロケット

ソユーズ-FGロケット

宇宙船の名称

打上げ:ソユーズTMA-16(20S)
帰還:ソユーズTMA-14(18S)
(2009年3月28日よりISSにドッキング)

帰還日(ソユーズTMA-)

バイコヌール時間:
モスクワ時間:
アメリカ中部時間:
日本時間:

帰還場所

カザフスタン共和国

主な搭載品

米国の荷物
ロシアの荷物
消耗品や新鮮な食料を含む補給品
ロシアの実験品目

クルー

第21/22次長期滞在クルー(打ち上げ)
コマンダー
ジェフリー・ウイリアムズ(Jeffrey N. Williams)
00年STS-101ミッションで初飛行。06年には第13次長期滞在クルーとして約6ヶ月ISSに滞在。
第21次長期滞在クルーとしてはフライトエンジニアとして、第22次長期滞在クルーとしてはISSコマンダーを務める。
FE
マキシム・ソレオブ(Maxim Suraev)
今回が初飛行。
第17次、第19次長期滞在クルーのバックアップを務める。
ソユーズ宇宙船搭乗時は、ソユーズコマンダーを務める。
taxi
ギー・ラリベルテ(Guy Laliberte)
カナダ人の民間宇宙旅行者。
シルク・ドゥ・ソレイユの創設者で最高経営責任者でもある。
水問題に取り組む為の財団の創設者でもあり、宇宙から水問題を考えるイベントに出演。
世界で7人目の宇宙旅行者であり、彼を最後に暫く民間宇宙旅行者の輸送はストップする。

第次長期滞在クルー(帰還)
コマンダー
ゲナディ・パダルカ(Gennady Padalka)
98年8月~99年2月まで第26次長期滞在クルーとして「ミール」に、04年第9次長期滞在クルーとしてISSに滞在。
FE
マイケル・バラット(Michael Barratt)
98年第1次長期滞在クルーのリード・フライト・サージャンとして勤務。
taxi
ギー・ラリベルテ(Guy Laliberte)