|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-131

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-131(19A)


国際宇宙ステーション組立ミッション。
多目的補給モジュール「レオナルド」を搭載して、補給物資、実験ラックを、他にアンモニアタンクを運び、交換と回収を行う。
今回は最多タイとなる女性クルー3人で打ち上げられ、国際宇宙ステーションに長期滞在クルーとしてトレーシー・カードウェル宇宙飛行士がいる為、女性クルーが初めて宇宙に4人滞在する事になる。
また、今回は日本の山崎直子宇宙飛行士が搭乗し、ISSには野口聡一宇宙飛行士が長期滞在中の為、日本人宇宙飛行士が宇宙に初めて2人滞在する事となる。



打ち上げ日

アメリカ東部夏時間:2010年4月5日午前6時21分
日本時間:2010年4月5日午後7時21分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39A発射台

ISSとの結合日時

米国中部夏時間:2010年4月7日午前2時44分
日本時間:2010年4月7日午後4時44分

ISSとの分離日時

米国中部夏時間:2010年4月17日午前7時52分
日本時間:2010年4月17日午後9時52分

飛行期間

15日2時間47分

使用オービタ

スペースシャトル「ディスカバリー(Discovery)」
ディスカバリーとしては38回目の、シャトルとしては通算131回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部夏時間:2010年4月20日午前9時08分
日本時間:2010年4月20日午後10時08分

帰還場所

フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)

主な搭載品

多目的補給モジュール1「レオナルド」
アンモニアタンク
実験用品など

クルー

コマンダー
アレン・ポインデクスター(Alan Poindexter)
08年STS-122でパイロットとして飛行。
パイロット
ジェームズ・ダットン(James P. Dutton Jr.)
MS1
リチャード・マストラキオ(Richard Mastracchio)
00年STS-106、07年STS-118に搭乗。
MS2
ドロシー・メカフ・リンデンバーガー(Dorothy M. Metcalf-Lindenburger)
MS3
ステファニー・ウィルソン(Stephanie D. Wilson)
06年STS-121、07年STS-120に搭乗。
MS4
山崎 直子(Naoko Yamazaki)
MS5
クレイトン・アンダーソン(Clayton Anderson)
07年STS-117でISSに行き、第15次/第16次長期滞在クルーとしてISSに滞在。