|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-133

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-133(ULF5)


国際宇宙ステーション組立ミッション。
「多目的補給モジュール(Multi-Purpose Logistics Module: MPLM)1レオナルド」を改修した「恒久型多目的モジュール(Permanent Multipurpose Module: PMM)」や軌道上高官ユニットの予備品を搭載した「エクスプレス補給キャリア4(Express Logistics Carrier 4: ELC-4)」等をISSへと運搬する。



打ち上げ日

アメリカ東部時間:2011年2月24日午後4時53分
日本時間:2011年2月25日午前6時53分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39A発射台

ISSとの結合日時

米国中部時間:2011年2月26日午後1時14分
日本時間:2011年2月27日午前4時14分

ISSとの分離日時

米国中部時間:2011年3月7日午前6時00分
日本時間:2011年3月7日午後9時00分

飛行期間

12日19時間4分

使用オービタ

スペースシャトル「ディスカバリー(Discovery)」
ディスカバリーとしては39回目の、シャトルとしては通算133回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部時間:2011年3月9日午前11時57分
日本時間:2011年3月10日午前1時57分

帰還場所

フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)

主な搭載品

恒久型多目的モジュール(PMM)
エクスプレス補給キャリア4(ELC-4)
補給物資
曝露機器

クルー

コマンダー
スティーブン・リンゼイ(Steven W. Lindsey)
97年STS-87と98年STS-95でパイロットとして飛行。
01年STS-104、06年STS-121ではコマンダーとして飛行。
STS-87では土井隆雄宇宙飛行士と、STS-95では向井千秋宇宙飛行士と飛行。
パイロット
エリック・ボー(Eric A. Boe)
08年STS-126でパイロットとして飛行。
MS1
ベンジャミン・アルヴィン・ドルーJr.(Benjamin Alvin Drew, Jr)
07年STS-118に搭乗。
MS2
スティーブ・ボーエン(Stephen Bowen)
08年11月STS-126と10年5月STS-132に搭乗。
ケガをしたティモシー・コプラ宇宙飛行士に代わって任命された。
MS3
マイケル・バラット(Michael Barratt)
92年からNASAのフライト・サージャン、98年から第1次長期滞在クルーのリード・クルー・サージャンとして勤務。
09年3月18SミッションでISSに向かい、第19次、第20次長期滞在クルーとして若田光一宇宙飛行士と共に滞在。09年10月に帰還。
MS4
ニコール・ストット(Nicole Stott)
09年STS-128でISSへ向かい、第20次、第21次長期滞在クルーとして滞在。
09年STS-129で帰還。
長期滞在中に日本のHTVをカナダアーム2で把持した人物。