|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-114

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-114(LF-1)


ISSに補給物資を運ぶことを目的とした補給フライトであり、コロンビア号事故後1回目の試験飛行として行われた。
コロンビア号事故後、スペースシャトルの飛行をより安全にするために開発されたさまざまな技術や手法の確認とISSへの物資の補給が主な任務。
このミッションには日本人宇宙飛行士野口聡一さんが参加。


打ち上げ日

アメリカ東部夏時間:2005年7月26日午前10時39分
日本時間:2005年7月26日午後11時39分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39B発射台

ISSとの結合日時

米国中部夏時間:2005年7月28日午前6時18分
日本時間:2005年7月28日午後8時18分

ISSとの分離日時

米国中部夏時間:2005年8月6日午前2時24分
日本時間:2005年8月6日午後4時24分

飛行期間

13日間21時間32分

使用オービタ

スペースシャトル「ディスカバリー(Discovery)」
ディスカバリーとしては31回目の、シャトルとしては通算114回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部夏時間:2005年8月9日午前8時11分
日本時間:2005年8月9日午後9時11分

帰還場所

カリフォルニア州エドワーズ空軍基地内 NASAドライデン飛行研究センター(DFRC)

主な搭載品

センサ付き検査用延長ブーム(OBSS)
多目的補給モジュール(MPLM)「ラファエロ」
船外保管プラットフォーム2(ESP-2)
コントロール・モーメント・ジャイロ(CMG)
熱防護システム(TPS)修理試験用サンプルボックス

クルー

コマンダー
アイリーン・コリンズ(Eileen Collins)
1995年STS-63で女性初のパイロットとして飛行。
1997年STS-84でパイロット、1999年STS-93で女性初のコマンダーとして搭乗。
パイロット
ジェームス・ケリー(James Kelly)
2001年STS-102ミッションでパイロットとして飛行。
MS1
野口 聡一(Soichi Noguchi)
MS2
スティーブン・ロビンソン(Stephen Robinson)
1997年STS-85でMS、1998年STS-95ではペイロード・コマンダーとして搭乗。
STS-95では向井千秋宇宙飛行士と一緒だった。
MS3
アンドリュー・トーマス(Andrew Thomas)
1996年STS-77はペイロード・コマンダーとして搭乗。
1998年STS-89でミールに行き130日間滞在STS-91で帰還。
2001年STS-102ミッションにも搭乗している。
MS4
ウェンディー・ローレンス(Wendy Lawrence)
1995年STS-67ミッションで初飛行。
その後1997年STS-86、1998年STS-91の2回のミールとのドッキングミッションに搭乗。
MS5
チャールズ・カマーダ(Charles Camarda)