|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-111

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-111(UF2)

ISSに補給物資や実験装置を運ぶことを目的とした利用補給フライト
多目的補給モジュール(MPLM)「レオナルド」に輸送用ラックと国際標準実験ラックを搭載して打ち上げられた。
また「カナダアーム2(ISSのロボットアーム)を載せて移動させるモービル・トランスポータ(MT)にカナダアーム2の支持部(MBS)が取り付けられ、カナダアーム2がトラス上を移動出来る様になった。
他にISS長期滞在クルーの交代が行われた。

打ち上げ日

アメリカ東部夏時間:2002年6月5日午後5時23分
日本時間:2002年6月6日午前6時23分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39A発射台

ISSとの結合日時

米国中部夏時間:2002年6月7日午前11時25分
日本時間:2002年6月8日午前1時25分

ISSとの分離日時

米国中部夏時間:2002年6月15日午前9時32分
日本時間:2002年6月15日午後11時32分

飛行期間

13日20時間35分

使用オービタ

スペースシャトル「エンデバー(Endeavour)」
エンデバーとしては18回目の、シャトルとしては通算110回目の飛行。

帰還日

アメリカ太平洋夏時間:2002年6月19日午前10時58分
日本時間:2002年 6月20日午前 2時58分

帰還場所

カリフォルニア州エドワーズ空軍基地内NASAドライデン飛行研究センター(DFRC)

主な搭載品

多目的補給モジュール(MPLM)「レオナルド」
Mobile Base System (MBS)
PDGF, SMDP, SSRMS手首ロール関節

クルー

コマンダー
ケネス・コックレル(Kenneth Cockrell)
1993年STS-56ミッションでMSとして、1995年STS-69ミッションでパイロットとして飛行。
1996年STS-80、2001年STS-98ミッションでコマンダーとして搭乗。
パイロット
ポール・ロックハート(Paul Lockhart)
MS1
フランクリン・チャン-ディアズ(Franklin Chang-Diaz)
1986年STS-61-C、1989年STS-34、1992年STS-46、1994年STS-60、1996年STS-75、1998年STS-91ミッションに搭乗。
このミッション以前の宇宙滞在時間が1269時間にのぼる。
MS2
フィリップ・ペリン(Philippe Perrin)
以下第5次ISS長期滞在クルー
ISSコマンダー
ワレリー・コルズン(Valery Korzun)
FE
ペギー・ウィットソン(Peggy Whitson)
FE
セルゲイ・トレシェフ(Sergei Treschev)
以下第4次ISS長期滞在クルー(帰還)
ISSコマンダー
ユーリー・オヌフリエンコ(Yuri Onufrienko)
FE
カール・ウォルツ(Carl Walz)
FE
ダニエル・バーシュ(Daniel Bursch)