|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-110

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-110(8A)


国際宇宙ステーション(ISS)組立ミッション。
S0トラスの打ち上げとISSへの設置が主な任務。
S0トラスを設置する事で、S1、P1トラスを取り付ける事が出来る様になる。
カナダアーム2(ISSのロボットアーム)を載せて移動させるモービル・トランスポータ(MT)が打ち上げられ、今後のカナダアーム2の移動能力を向上させる準備が出来る。
GPS受信機とレートジャイロが使用できるようになりISSのアメリカ側の航法能力が向上し、これまでの様にロシア側モジュールから情報を入手しなくてもよくなる。
ISS外部の放射線レベルをモニタする機能が確立される。

打ち上げ日

アメリカ東部夏時間:2002年4月8日午後4時44分
日本時間:2002年4月9日午前5時44分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39B発射台

ISSとの結合日時

米国中部夏時間:2002年4月10日午前11時5分
日本時間:2002年4月11日午前1時5分

ISSとの分離日時

米国中部夏時間:2002年4月17日午後1時31分
日本時間:2002年4月18日午前3時31分

飛行期間

10日19時間43分

使用オービタ

スペースシャトル「アトランティス(Atlantis)」
アトランティスとしては25回目の、シャトルとしては通算109回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部夏時間:2002年4月19日午後12時26分
日本時間:2002年4月20日午前1時26分

帰還場所

フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)

主な搭載品

S0トラス
MT(モービル・トランスポータ)
ISSの実験装置

クルー

コマンダー
マイケル・ブルームフィールド(Michael Bloomfield)
STS-86、STS-97ミッションでパイロットとして飛行。
パイロット
スティーブ・フリック(Stephen Frick)
MS1
レックス・ウォルハイム(Rex Walheim)
MS2
エレン・オチョア(Ellen Ochoa)
STS-56、STS-66、STS-96ミッションに搭乗。
MS3
リー・モーリン(Lee Morin)
MS4
ジェリー・ロス(Jerry Ross)
STS-61B、 STS-27、STS-37、STS-55、STS-74,、STS-88ミッションの計6回搭乗しており、今回が7回目の搭乗となる。
7回目の宇宙飛行はこの時点で過去最多記録。
MS5
スティーブン・スミス(Steven Smith)
STS-68、STS-82、STS-103ミッションに搭乗。