|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-104

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-104(7A)


国際宇宙ステーション(ISS)組立ミッション。
第1結合モジュール「ユニティ」にジョイント・エアロック(クエスト)の設置と、ジョイント・エアロックの外壁に高圧ガスタンク(HPGT)を取り付けるのが主な任務。
これによりスペースシャトルが結合していない時でも船外活動を行う事が可能になり、ISSが自立して運用出来る様になる。

打ち上げ日

アメリカ東部夏時間:2001年7月12日午前5時4分
日本時間:2001年 7月12日午後6時4分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39B発射台

ISSとの結合日時

米国中部夏時間:2001年7月13日午後10時8分
日本時間:2001年7月14日午後0時8分

ISSとの分離日時

米国中部夏時間:2001年7月21日午後11時54分
日本時間:2001年7月22日午後1時54分

飛行期間

12日18時間35分

使用オービタ

スペースシャトル「アトランティス(Atlantis)」
アトランティスとしては24回目の、シャトルとしては通算105回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部夏時間:2001年7月24日午後11時39分
日本時間:2001年 7月25日午後0時39分

帰還場所

フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)

主な搭載品

ジョイント・エアロック「クエスト」
SLDP(高圧酸素ガスタンク、高圧窒素ガスタンクを搭載)
IMAX 3Dペイロードベイカメラ
ISSへの補給品、実験装置

クルー

コマンダー
スティーブン・リンゼイ(Steven Lindsey)
1997年STS-87、1998年STS-95でパイロットとして飛行。
この2回の飛行ではそれぞれ土井隆雄宇宙飛行士、向井千秋宇宙飛行士と一緒だった
パイロット
チャールズ・ホーバー(Charles Hobaugh)
MS1
マイケル・ガーンハート(Michael Gernhardt)
STS-69、STS-83、STS-94ミッションに搭乗。
(STS-94はSTS-83ミッションが早期中断して帰還した為同じクルーで再フライトが行われたもの)
MS2
ジャネット・カヴァンディ(Janet Kavandi)
STS-91、STS-99ミッションに搭乗。
STS-99ミッションでは毛利衛宇宙飛行士と一緒だった。
MS3
ジェイムズ・ライリー(James Reilly)
STS-89ミッションに搭乗。