|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-90

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-90

ESAの開発したSpaceLabモジュール第16回目にして最後のミッション。
微少重力環境下における神経科学分野の実験であるニューロラボ計画の実施。
地上で実験運用担当をしていたのが向井千秋宇宙飛行士だった。

打ち上げ日

アメリカ東部夏時間:1998年4月17日午後2時19分
日本時間:1998年4月18日午前3時19分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39B発射台

飛行期間

15日21時間50分

使用オービタ

スペースシャトル「コロンビア(Columbia)」
コロンビアとしては25回目の、シャトルとしては通算90回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部夏時間:1998年5月3日午後12時9分
日本時間:1998年5月4日午前1時9分

帰還場所

フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)

主な搭載品

ニューロラブ(NEUROLAB)
シャトル振動力実験
第4次バイオリアクター実証試験システム

クルー

コマンダー
リック・シーアフォス(Rick Searfoss)
93年STS-58、96年STS-76にパイロットとして搭乗。
パイロット
スコット・アルトマン(Scott Altman)
MS
リチャード(リック)・リネハン(Richard M. Linnehan)
96年STS-78に搭乗。
MS
ダフィッド(デイブ)・ウィリアムズ(Dafydd "Dave" Williams)
CSA宇宙飛行士。
MS
キャサリン(ケイ)・ハイア(Kathryn P. Hire)
PS
ジェイ・バッキー(Jay C. Buckey, Jr.)
PS
ジム・パウェルツィク(James A. (Jim) Pawelczyk)