|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-83

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-83

NASA、日本の宇宙開発事業団(当時、現JAXA)、欧州宇宙機関(ESA)、ドイツ宇宙機関(DARA)、ドイツ航空宇宙研究所(DLR)の5帰還が共同で行う第一次微小重力科学実験室(MSL-1)での実験が主な任務。
しかし、シャトルに搭載されている3基の燃料電池の内1基にトラブルが発生した為、事前に決められているシャトルの飛行規則により早期に帰還する事となる。
この為16日間の予定であったが、飛行5日目に帰還する事となった。
3ヶ月後1997年7月にSTS-94として再打ち上げされた。



打ち上げ日

アメリカ東部時間:1997年4月4日午後2時20分
日本時間:1997年4月5日午前4時20分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39A発射台

飛行期間

3日23時間13分

使用オービタ

スペースシャトル「コロンビア(Columbia)」
コロンビアとしては22回目の、シャトルとしては通算83回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部夏時間:1997年4月8日午後2時33分
日本時間:1997年4月9日午前3時33分

帰還場所

フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)

主な搭載品

MSL-1

クルー

コマンダー
ジェームス(ジム)・ハルセル(James Halsell)
94年のSTS-65、95年のSTS-74に搭乗。
パイロット
スーザン・リー・スティル(Susan Leigh Still)
MS
ジャニス・ヴォス(Janice Voss)
93年のSTS-57、95年のSTS-63(シャトル-ミールランデブミッション)に搭乗。
今回はペイロード・コマンダーを務める。
MS
ドナルド・トーマス(Donald A.Thomas)
94年STS-65、95年STS-70に搭乗。
MS
マイケル・ガーンハート(Micheal L.Gernhardt)
95年STS-69に搭乗。
PS
グレゴリー・リンテリス(Gregory Linterris)