トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

隠しカメラで野生の動物を観察する



私は隠しカメラ
隠しカメラを野生の動物につけてみたいです。それもなるべく狩りが上手な動物がいいです。トラやハイエナなどの頭のてっぺんに隠しカメラをつけると、とても臨場感あふれる映像を見ることができそうです。

野生の動物が大自然の中で獲物を追っている姿を、そのカメラを通してまるで自分が追っているような感覚で見ることが出来ます。そして時には獲物から反撃を受けたり、獲物を取り逃がしたりして、スリル満点の映像を毎日楽しむことができると思います。

隠しカメラ

頭のてっぺんにカメラをつけているので、その動物が見ているものを自分も見ることになります。なので、獲物に狙いを定めた瞬間や、その他普段はどういった生活を営んでいるのかなどが、手に取るように分かると思います。

私自身も大自然の中、走り回っているような感覚で、きっと毎日ハラハラさせられると思います。
またその小型隠しカメラ
小型隠しカメラが音声も聞こえるようになっていれば、様々な動物の本物の鳴き声や遠吠えなどを聞くことができます。

会社のデスクに隠しカメラを設置して産業スパイ対策



重要機密を取り扱う会社では、データの保管方法にかなり力を入れています。例えばパソコンには、パスワードだけでなく生体認証を取り入れたり
エントランスにセキュリティカードを照らさないと入室できないような設定になっていたり、入室管理時間もしっかりと裏で記録していたりします。
もちろん防犯監視カメラ
防犯監視カメラもしっかりと設置されていることが多いです。ただし部屋の中には防犯カメラをあからさまに設置すると、外部の警備員に社内の情報を知られてしまう危険性が高まるので避けているとことが多いです。

小型隠しカメラ

そこで、情報漏えいがあった時のみ、調査名目で隠しカメラを設置して様子を見る場合もあります。証拠を残さねばならないという点と内々で処理するということから、周囲の社員の誰にも知られず、仕事内容を記録できる隠しカメラがこういうときに役立ちます。しかし盗聴にもあたる行為ですので、注意が必要ですね。

会社のデスクに設置するのに役立つのは、置き時計カメラやペン型隠しカメラ
ペン型隠しカメラですね。広範囲の撮影が希望であれば、置き時計カメラの広範レンズが採用されているタイプを用いると良いでしょう。



関連サイト