録画、録音のツールとして使われている隠しカメラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

隠しカメラ
隠しカメラのビジネスシーンでの使い方

隠しカメラの使い方を知っていますか。
今は、ビジネスシーンでも、できる男は隠しカメラを使用して会議などの記録保持などに務めています。
もちろん、使い方は、仕事の効率を上げる便利なアイテムとしての面もあります。

まずは、録画、録音のツールとして使われています。
ボイスレコーダーを使用している人も多いかと思います。

ペン型カメラ

隠しカメラは、基本相手に気づかれないで撮影するというのが前提なので、ボイスレコーダーとは違う使用方法ができます。
折衝、商談、重要な会議などの緊迫したシーンで、後で問題が起きないように証拠として、録画、録音する場合などです。
会議などの場面では、やはり目立たぬモバイル充電器型やペン型が主流です。

ペン型カメラ
ペン型カメラがポケットに入れておけるので、急な場面の記憶撮りに対応できます。
隠しカメラは、防犯対策にも効果的ですがビジネスマンにも必須アイテムとなりつつあります。

ボイスレコーダー機能で、ボイスメモ、発言記録に使用したり、書類を撮影したりできます。
やはり、無断で撮影される側や隠しカメラの存在に気づいた人からは、あまり良い印象は受けないと思います。
デキる男は信用も大切なので、使い方には細心の注意を払いましょう。

隠しカメラの使い方についてご紹介します。
小型カメラ
小型カメラを持っていることは、何か怪しい人という印象を完全には拭えません。
盗撮カメラとして、女性の下着などを撮影するといった犯罪の記憶があるからだと思います。
でも、今は、違う目的で使用している人が増えています。
隠しカメラの使い方として、ストーカー、セクハラなどの迷惑行為対策、
浮気現場などの犯罪の証拠を押さえるためのアイテムとして、とても頼れる存在です。

万年筆型カメラ

この防犯グッズは、相手にバレないように証拠を撮影するということなので、
いじめやDVなどで悩んでいる方が、気乗りせず使用する場合もあるかと思います。

相手に気づかれたら、場合によっては、
状況がさらに複雑になることもあるかもしれないので、使い方は慎重に行いましょう。

一番手軽で人気が高いのが、万年筆型カメラ
万年筆型カメラです。
いつでも携帯でき、決定的瞬間を逃さずに撮影できます。
腕時計型、置時計型は、日用品として違和感なく使用できます。

関連サイト