※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007年に入って、ある日、行殺さんは、mixiから姿を消してしまいました。

三月に入っての事だったみたいですが、何日の事だったか、mixiでは良く有る事なので今と成っては良く分かりません。
きっちりとした行殺ウォッチャーなら分かるのでしょうけど。

或る日、一日数回の日記の更新が消え、そして、小生のマイミクから行殺さんが退会したらしいとの連絡が有りました。
一寸面喰いましたけど、最初は良く有る突然の退会かと思い、やれやれ又かと思ってました。
確かに小生のマイミク一覧からも行殺さんの姿が消えてました。

何か都合の悪い事が起こって自主退会したか、運営に削除されたかと思いました。
確認の為、一応受信済みメッセージからリンクを辿ってみると、mixiに存在しているでは有りませんか。

あんなに沢山居たマイミクを四人位に減らしてましたが、ちゃんと存在されてました。
やがて、小生のマイミクから未だにmixiにいらっしゃるとの話を聞きました。

実に興味深い謎の行動でした。
まるで、他者との交流を断ち、拒否し、自閉モードに入り引き篭もった様に見えました。

取り敢えず、安堵致しましたが、何か理由が有ると思い、ヲチはマイミクに任せ、時を待ちました。

はっきりとは言えないのですけど、如何やら、普段の反運営的言動から運営側に自分が削除される事を恐れていたみたいです。
単に削除されてしまう事なら一時的には立腹しますが、結局は自分の境遇を気にしない人なのですけど。

行殺さんが、一番問題にしてたのが、彼のマイミクが彼の巻き添えに削除されるの可能性を考えると段々怖くて成って来て、毎日プレッシャーに押し潰されそうで堪らなかったみたいです。

其のプレッシャーに押しつぶされそうに成り乍らも正直に物申す日記は止められなかった様です。
で、結局、行殺さんとマイミクとの関係を断ち切る事で、マイミクの安全を担保すると言う決断に至ったと思われます。

心理的に大層傷付いた末の大決心みたいです。恐らく2chの次にmixiが大好きなのでしょう。

所詮、snsの仮想対人関係なのに其処迄気にしなくてと思うのですが、何よりもマイミクの事を気にする実に律儀で情に篤い人なのです。

そして、最終的には慢性的id削除、再入会を繰り返す、id削除を日常茶飯事として全く気にしないと言うか障害に成らない、業者タッキー氏しか安心して付き合えないと思ってたみたいです。

然し、やがて再び、一蓮托生でもいいと言う元マイミクが複数現われ行殺さんに連絡を試みます。
そして、案の定、時間が経つに連れ、又活動が始まり、マイミクの繋がりが始まり、再び小生もマイミクに成った次第です。

この事件に付いては何れ御本人から説明が有るでしょう。いや、無いかも。
え?其れから行殺さんは如何してるかですって?
元の木阿弥で、相変わらず、ネットに静かに潜伏してるのですw。

以上、mixi自爆事件の御話です。

文責:BLACKBIRD